mozilla
Your Search Results

    Array.toSource

    非標準

    概要

    配列のソースコードを表す文字列を返します。

    Array のメソッド
    実装されたバージョン JavaScript 1.3

    構文

    array.toSource()

    引数

    無し

    説明

    toSource メソッドは以下の値を返します。

    • 組み込みの Array オブジェクトに対しては、toSource はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。
    function Array() {
        [native code]
    }
    
    • Array のインスタンスに対しては、toSource はソースコードを表す文字列を返します。

    このメソッドはたいてい JavaScript によって内部的に呼び出され、コードで明示的に呼び出されることはありません。デバッグ中に toSource を呼び出すことで、あなたはオブジェクトの内容を調べることができます。

    例: 配列のソースコードを調べる

    配列のソースコードを調べるには以下のようにします。

    var alpha = new Array("a", "b", "c");
    
    alpha.toSource();                    // ["a", "b", "c"] が返る
    

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    タグ: 
    Contributors to this page: Yuichirou, Potappo, teoli, ethertank, Mgjbot
    最終更新者: teoli,