Array.prototype.toSource()

非標準
This feature is non-standard and is not on a standards track. Do not use it on production sites facing the Web: it will not work for every user. There may also be large incompatibilities between implementations and the behavior may change in the future.

概要

配列のソースコードを表す文字列を返します。

構文

array.toSource()

引数

無し

説明

toSource メソッドは以下の値を返します。

  • 組み込みの Array オブジェクトに対しては、toSource はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。
function Array() {
    [native code]
}
  • Array のインスタンスに対しては、toSource はソースコードを表す文字列を返します。

このメソッドはたいてい JavaScript によって内部的に呼び出され、コードで明示的に呼び出されることはありません。デバッグ中に toSource を呼び出すことで、あなたはオブジェクトの内容を調べることができます。

例: 配列のソースコードを調べる

配列のソースコードを調べるには以下のようにします。

var alpha = new Array("a", "b", "c");

alpha.toSource();                    // ["a", "b", "c"] が返る

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: teoli, ethertank, Yuichirou, Potappo, Mgjbot
 最終更新者: teoli,