非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

概要

配列のソースコードを表す文字列を返します。

構文

array.toSource()

引数

無し

説明

toSource メソッドは以下の値を返します。

  • 組み込みの Array オブジェクトに対しては、toSource はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。
function Array() {
    [native code]
}
  • Array のインスタンスに対しては、toSource はソースコードを表す文字列を返します。

このメソッドはたいてい JavaScript によって内部的に呼び出され、コードで明示的に呼び出されることはありません。デバッグ中に toSource を呼び出すことで、あなたはオブジェクトの内容を調べることができます。

例: 配列のソースコードを調べる

配列のソースコードを調べるには以下のようにします。

var alpha = new Array("a", "b", "c");

alpha.toSource();                    // ["a", "b", "c"] が返る

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: teoli, ethertank, Yuichirou, Potappo, Mgjbot
最終更新者: teoli,