join() メソッドは、配列 (または配列風オブジェクト) の全要素を順に連結した文字列を新たに作成して返します。区切り文字はカンマ、または指定された文字列です。

構文

arr.join([separator])

引数

separator Optional
配列の各要素を区切る文字列を指定します。separator は、必要であれば文字列に変換されます。省略した場合、配列の要素はカンマ(",")で区切られます。separator に空文字列を渡した場合、すべての要素の間が区切り文字無しで繋がれます。

戻り値

配列の全要素が連結された文字列です。 arr.length が 0 だった場合、空の文字列が返されます。

説明

配列のすべての要素を文字列に変換したものが、1 個の文字列に繋がれます。

要素が undefined か null の場合、 空の文字列に変換されます。

3 通りの異なる形で配列をつなぐ

以下の例は、3 個の要素を持つ配列 a を作成し、デフォルト引数、カンマとスペース、そして「と」と空文字を使った 4 パターンの結合を行っています。

var a = ['花', '太陽', '雨'];
a.join();      // "花,太陽,雨"
a.join(', ');  // "花, 太陽, 雨"
a.join('と');  // "花と太陽と雨"
a.join('');    // "花太陽雨"

配列風オブジェクトを連結する

次の例は配列風オブジェクト ( arguments )を連結するために、 Array.prototype.joinFunction.prototype.call を使用して呼び出します。

function f(a, b, c) {
  var s = Array.prototype.join.call(arguments);
  console.log(s); // '1,a,true'
}
f(1, 'a', true);
//expected output: "1,a,true"

仕様書

仕様書 状態 備考
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初回定義。JavaScript 1.1 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Array.prototype.join の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Array.prototype.join の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Array.prototype.join の定義
ドラフト  

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung InternetNode.js
基本対応Chrome 完全対応 1Edge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1IE 完全対応 5.5Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, Uemmra3, segayuu, Marsf, teoli, ethertank, Mgjbot, Yuichirou
最終更新者: mfuji09,