この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

配列の要素をin placeソートします。このソートは stable ではありません(訳注:同じ序列を持つ値の順番が保証されません)。 デフォルトではUnicodeコードポイントの昇順にソートされます。

このソートで消費されるCPU時間やメモリスペースは実装に依存するので、ここで言及することは出来ません。

構文

arr.sort([compareFunction])

引数

compareFunction Optional
ソート順を定義する関数を指定します。省略された場合、配列は各要素の文字列比較に基づき辞書順にソートされます。

戻り値

ソートされた結果の配列。ソートは対象配列上で直接行われることに注意して下さい。コピーされた別の配列が準備されることはありません。

説明

compareFunction (比較関数) が与えられなかった場合、要素はそれぞれの文字列に変換したものを比較して辞書 (あるいは電話帳。数的でない) 順にソートされます。例えば、"80" は辞書順では "9" の前に来ますが、数的なソートでは 9 が 80 の前に来ます。

compareFunction が与えられた場合、配列の要素は比較関数の返り値に基づきソートされます。もし ab が比較されようとしている要素の場合、

  • compareFunction(a, b) が 0 未満の場合、ab より小さい添字にソートします。
  • compareFunction(a, b) が 0 を返す場合、ab は互いに変更せず、他のすべての要素に対してソートします。注意: ECMAScript 標準はこの振る舞いを保証していないため、一部のブラウザ (例えば、遅くとも 2003 年以前のバージョンの Mozilla) はこれを遵守していません。
  • compareFunction(a, b) が 0 より大きい場合、ba より小さい添字にソートします。
  • compareFunction(a, b) に与えられた引数が同じなら戻り値も同じでなければなりません。もし一貫性のない値を返した場合の挙動は未定義となります。

よって、比較関数は以下のような形式をもちます。

function compare(a, b) {
  if (ある順序の基準において a が b より小) {
     return -1;
  }
  if (その順序の基準において a が b より大) {
     return 1;
  }
  // a は b と等しいはず
  return 0;
}

文字列の代わりに数字を比較する場合、比較関数は単純に a から b を引けばよいでしょう。次のように比較関数を定義すれば昇順に並べることが出来ます(InfinityNaNがなければですが)。

function compareNumbers(a, b) {
  return a - b;
}

比較関数には関数式クロージャを使うと便利です。

var numbers = [4, 2, 5, 1, 3];
numbers.sort(function(a, b) {
  return a - b;
});
console.log(numbers);

// [1, 2, 3, 4, 5]

オブジェクトはプロパティの値の1つを指定して並べ替えることができます。

var items = [
  { name: 'Edward', value: 21 },
  { name: 'Sharpe', value: 37 },
  { name: 'And', value: 45 },
  { name: 'The', value: -12 },
  { name: 'Magnetic', value: 13 },
  { name: 'Zeros', value: 37 }
];

// 値順にソート
items.sort(function (a, b) {
  return a.value - b.value;
});

// 名前順にソート
items.sort(function(a, b) {
  var nameA = a.name.toUpperCase(); // 大文字と小文字を無視する
  var nameB = b.name.toUpperCase(); // 大文字と小文字を無視する
  if (nameA < nameB) {
    return -1;
  }
  if (nameA > nameB) {
    return 1;
  }

  // names must be equal
  return 0;
});

例: 配列を生成し、表示し、ソートする

以下の例は 4 つの配列を生成し、元の配列を表示したのちに、ソートした配列を表示します。数値の配列は比較関数なしでソートされたのち、比較関数ありでソートされます。

var stringArray = ['Blue', 'Humpback', 'Beluga'];
var numericStringArray = ['80', '9', '700'];
var numberArray = [40, 1, 5, 200];
var mixedNumericArray = ['80', '9', '700', 40, 1, 5, 200];

function compareNumbers(a, b) {
  return a - b;
}

// 再び、print 関数が定義されているとして
console.log('stringArray:', stringArray.join());
console.log('ソート結果:', stringArray.sort());

console.log('numberArray:', numberArray.join());
console.log('比較関数なしのソート結果:', numberArray.sort());
console.log('compareNumbers でのソート結果:', numberArray.sort(compareNumbers));

console.log('numericStringArray:', numericStringArray.join());
console.log('比較関数なしのソート結果:', numericStringArray.sort());
console.log('compareNumbers でのソート結果:', numericStringArray.sort(compareNumbers));

console.log('mixedNumericArray:', mixedNumericArray.join());
console.log('比較関数なしのソート結果:', mixedNumericArray.sort());
console.log('compareNumbers でのソート結果:', mixedNumericArray.sort(compareNumbers));

この例は以下のような出力をもたらします。出力結果が示すように、比較関数が使われた場合、数値はそれが数値か数字の文字列かにかかわらず正しくソートされます。

stringArray: Blue,Humpback,Beluga
ソート結果: Beluga,Blue,Humpback

numberArray: 40,1,5,200
比較関数なしのソート結果: 1,200,40,5
compareNumbers でのソート結果: 1,5,40,200

numericStringArray: 80,9,700
比較関数なしのソート結果: 700,80,9
compareNumbers でのソート結果: 9,80,700

mixedNumericArray: 80,9,700,40,1,5,200
比較関数なしのソート結果: 1,200,40,5,700,80,9
compareNumbers でのソート結果: 1,5,9,40,80,200,700

非ASCII文字のソート

非ASCII文字、つまりアクセント記号付き文字(e, é, è, a, ä など)を含む文字列をソートする場合、英語以外の文字列は String.localeCompare を使用してください。この関数は、それらの文字を比較して正しい順序で表示することができます。

var items = ['réservé', 'premier', 'cliché', 'communiqué', 'café', 'adieu'];
items.sort(function (a, b) {
  return a.localeCompare(b);
});

// items は ['adieu', 'café', 'cliché', 'communiqué', 'premier', 'réservé']

Sorting with map

The compareFunction can be invoked multiple times per element within the array. Depending on the compareFunction's nature, this may yield a high overhead. The more work a compareFunction does and the more elements there are to sort, the wiser it may be to consider using a map for sorting. The idea is to walk the array once to extract the actual values used for sorting into a temporary array, sort the temporary array and then walk the temporary array to achieve the right order.

// ソートする配列
var list = ['Delta', 'alpha', 'CHARLIE', 'bravo'];

// temporary array holds objects with position and sort-value
var mapped = list.map(function(el, i) {
  return { index: i, value: el.toLowerCase() };
})

// sorting the mapped array containing the reduced values
mapped.sort(function(a, b) {
  if (a.value > b.value) {
    return 1;
  }
  if (a.value < b.value) {
    return -1;
  }
  return 0;
});

// container for the resulting order
var result = mapped.map(function(el){
  return list[el.index];
});

仕様

Specification Status Comment
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Array.prototype.sort の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Array.prototype.sort の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Array.prototype.sort の定義
ドラフト  

ブラウザ実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応1 あり15.5 あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: yuta0801, atomer, woodmix, teoli, ethertank, Fajrovulpo, Mgjbot, Yuichirou
最終更新者: yuta0801,