mozilla
Your Search Results

    Array.prototype.lastIndexOf()

    概要

    配列中で与えられた要素が見つけられた最後の添字を返します。もし存在しなければ -1 を返します。配列は fromIndex から逆向きに検索されます。

    構文

    var index = array.lastIndexOf(searchElement[, fromIndex]);
    

    引数

    searchElement
    検索する配列要素
    fromIndex
    逆向きに検索し始める添字。デフォルトは配列の長さの値で、つまり配列全体が検索されます。もしこの添字が配列の長さ以上ならば、配列全体が検索されます。負の数の場合、これは配列の終わりからのオフセットとみなされます。この添字が負の数であってもなお、配列は後ろから前に検索されることに注意してください。負の添え字の絶対値が配列の長さを超えた場合、-1 が返され、配列は検索されません。

    説明

    lastIndexOfsearchElement と配列の要素を 厳密な同値(三重イコール演算子 === で使われるのと同じ方法)を使って比較します。

    互換性

    lastIndexOf は ECMA-262 第 5 版に追加されたメソッドであり、他のバージョンの標準実装には存在しない場合があります。次のコードをスクリプトの先頭に追加することにより、lastIndexOf がネイティブでサポートされていない環境でも、これを使用する事が可能となります。これは ECMA-262 第 5 版で定められたアルゴリズムと全く同じものです。
    ObjectTypeErrorNumberMath.floorMath.absMath.min が、それぞれオリジナルの値を持つ事を仮定しています。

    if (!Array.prototype.lastIndexOf) {
      Array.prototype.lastIndexOf = function(searchElement /*, fromIndex*/) {
        "use strict";
    
        if (this == null)
          throw new TypeError();
    
        var t = Object(this),
            len = t.length >>> 0;
        if (len === 0) return -1;
    
        var n = len;
        if (arguments.length > 1) {
          n = Number(arguments[1]);
          if (n != n)
            n = 0;
          else if (n != 0 && n != (1 / 0) && n != -(1 / 0))
            n = (n > 0 || -1) * Math.floor(Math.abs(n));
        }
    
        var k = n >= 0
              ? Math.min(n, len - 1)
              : len - Math.abs(n);
    
        for (; k >= 0; k--) {
          if (k in t && t[k] === searchElement)
            return k;
        }
        return -1;
      };
    }
    

    上記コードのアルゴリズムは Firefox 及び SpiderMonky の JavaScript エンジンで実際に使用されているものと同じものです。実際にアプリケーションの中でこれを使用する場合、より複雑でないコードで fromIndex を計算可能であるかもしれません。

    例: lastIndexOf を使う

    lastIndexOf を使って配列中のある値の位置を探す例を以下に示します。

    var array = [2, 5, 9, 2];
    var index = array.lastIndexOf(2); // index is 3
    index = array.lastIndexOf(7);     // index is -1
    index = array.lastIndexOf(2, 3);  // index is 3
    index = array.lastIndexOf(2, 2);  // index is 0
    index = array.lastIndexOf(2, -2); // index is 0
    index = array.lastIndexOf(2, -1); // index is 3
    

    例: ある要素の存在をすべて見つける

    以下の例は lastIndexOf を使って、与えられた配列中のある値の添字すべてを探しています。push を使って、値が見つかる度に別の配列にその添字を追加しています。

    var indices = [],
        idx = array.lastIndexOf(element);
    
    while (idx != -1) {
      indices.push(idx);
      idx = (idx > 0 ? array.lastIndexOf(element, idx - 1) : -1);
    }
    

    ここで idx == 0 の場合を分けて扱わないといけないことに注意してください。なぜなら、もし検索する値が配列の最初の要素にあると、その値は fromIndex パラメータにかかわらずいつもヒットしてしまうのです。これは indexOf メソッドとは異なります。

    ブラウザ実装状況

    Kangax's compat tables に基づく。

    機能 Firefox (Gecko) Chrome Internet Explorer Opera Safari
    基本サポート (有) (有) 9 (有) (有)
    機能 Firefox Mobile (Gecko) Android IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
    基本サポート ? ? ? ? ?

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    タグ: 
    Contributors to this page: Kozawa, Yuichirou, Mgjbot, ethertank, teoli, Potappo
    最終更新者: teoli,
    サイドバーを隠す