Array.prototype.reverse()

このロケールの翻訳が存在しないため、英語バージョンのコンテンツを表示しています。 Help us translate this article!

配列の要素を In-place アルゴリズム で反転させます。最初の要素は最後に、最後の要素は最初になります。

構文

a.reverse()

戻り値

反転された配列です【訳注: a が直接反転され、返されます】

説明

reverse メソッドは呼び出した配列オブジェクトの要素をその内部で反転させ、配列を書き換えます。そして、書き換えられた配列を戻します。

reverse は意図的に汎用です。このメソッドは can be called or applied to objects resembling arrays. Objects which do not contain a length property reflecting the last in a series of consecutive, zero-based numerical properties may not behave in any meaningful manner.

配列の要素を反転させる

次の例では、3 つの要素を持つ配列 a を作り、反転させます。reverse() は要素が反転された a の参照を返します。

const a = [1, 2, 3];

console.log(a); // [1, 2, 3]

a.reverse();

console.log(a); // [3, 2, 1]

配列風オブジェクトの要素を反転する

The following example creates an array-like object a, containing three elements and a length property, then reverses the array-like object. The call to reverse() returns a reference to the reversed array-like object a.

const a = {0: 1, 1: 2, 2: 3, length: 3};

console.log(a); // {0: 1, 1: 2, 2: 3, length: 3}

Array.prototype.reverse.call(a); //same syntax for using apply()

console.log(a); // {0: 3, 1: 2, 2: 1, length: 3}

仕様

仕様書 策定状況 コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義です。JavaScript 1.1 で実装されました。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Array.prototype.reverse の定義
標準
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Array.prototype.reverse の定義
標準
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Array.prototype.reverse の定義
ドラフト

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
reverseChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 5.5Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報