配列の要素を In-placeアルゴリズム で反転させます。最初の要素は最後に、最後の要素は最初になります。

構文

a.reverse()

戻り値

反転された配列。(訳注:a が直接反転され、返されます。)

説明

reverse メソッドは呼び出した配列オブジェクトの要素をその内部で反転させ、配列を書き換えます。そして、書き換えられた配列を戻します。

例: 配列の要素を反転させる

次の例では、3つの要素を持つ配列 a を作り、反転させます。reverse()は要素が反転された aを返します。

var a = ['one', 'two', 'three'];
var reversed = a.reverse(); 

console.log(a);        // ['three', 'two', 'one']
console.log(reversed); // ['three', 'two', 'one']

Specifications

Specification Status Comment
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 Initial definition. Implemented in JavaScript 1.1.
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Array.prototype.reverse の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Array.prototype.reverse の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Array.prototype.reverse の定義
ドラフト  

Browser compatibility

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応1 あり15.5 あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: woodmix, teoli, ethertank, Mgjbot, Yuichirou
 最終更新者: woodmix,