Array.prototype.reduceRight()

このロケールの翻訳が存在しないため、英語バージョンのコンテンツを表示しています。 Help us translate this article!

reduceRight()は、隣り合う 2 つの配列要素に対して(右から左へ)同時に関数を適用し、単一の値にします。
 
 
左から右へ適用する際は Array.prototype.reduce() を参照してください。

構文

result = array.reduceRight(callback[, initialValue]);

引数

callback
4 つの引数を取って、配列内の各値に対し実行するコールバック関数
accumulator
現在処理されている配列要素の 1 つ前の要素。もしくは、initialValueinitialValue については、以下に記述します。
currentValue
現在処理されている配列要素
indexOptional
現在処理されている配列要素のインデックス
arrayOptional
reduceRight によって呼ばれる配列
initialValueOptional
callback の最初の呼び出しのときに、最初の実引数として用いるためのオブジェクト。initialValueが渡されなかった際は、配列の最後の要素が適用されます。また、空の配列に対して、初期値なしで呼び出すとエラーとなります。

戻り値

The value that results from the reduction.

詳細

reduceRight は、配列に存在するおのおのの要素に対して、callback 関数を一度だけ実行します。配列における穴は対象からはずされ、また callback 関数は、「初期値(あるいは、直前の callback 呼び出し)」、「現在の要素の値」、「現在のインデックス」、「繰り返しが行われる配列」 の 4 つの引数を受け取ります。

reduceRight の callback の呼び出しは、以下のように見えるでしょう。

array.reduceRight(function(previousValue, currentValue, index, array){
  // ...
})

関数が呼び出される初回は、accumulatorcurrentValue は 2 つの値のうちの 1 つを取り得ます。reduce 呼び出し時に、initialValue が与えられた場合、accumulatorinitialValue と等しくなり、currentValue は、配列の最後の値と等しくなります。 initialValue が与えられなかった場合、accumulator は配列の最後の値と等しくなり、currentValue は、最後から数えて 2 番目の値と等しくなります。

関数の実行を追った様子の例は、以下のようになるでしょう。

[0,1,2,3,4].reduceRight(function(accumulator, currentValue, index, array){
  return accumulator + currentValue;
});

// 最初の呼び出し
accumulator = 4, currentValue = 3, index = 3

// 2 回目の呼び出し
accumulator = 7, currentValue = 2, index = 2

// 3 回目の呼び出し
accumulator = 9, currentValue = 1, index = 1

// 4 回目の呼び出し
accumulator = 10, currentValue = 0, index = 0

// array は、常に、reduce が呼び出された [0,1,2,3,4] というオブジェクトです。

// 戻り値: 10

initialValue を与えた場合、その結果は、以下のようになるでしょう。

[0,1,2,3,4].reduceRight(function(accumulator, currentValue, index, array){
  return accumulator + currentValue;
}, 10);

// 最初の呼び出し
accumulator = 10, currentValue = 4, index = 4

// 2 回目の呼び出し
accumulator = 14, currentValue = 3, index = 3

// 3 回目の呼び出し
accumulator = 17, currentValue = 2, index = 2

// 4 回目の呼び出し
accumulator = 19, currentValue = 1, index = 1

// 5 回目の呼び出し
accumulator = 20, currentValue = 0, index = 0

// array は、常に、reduce が呼び出された [0,1,2,3,4] というオブジェクトです。

// 戻り値: 20

例: 配列内の値を全て足す

var total = [0, 1, 2, 3].reduceRight(function(a, b) {
    return a + b;
});
// total == 6

例: 多次元配列を平坦化する

var flattened = [[0, 1], [2, 3], [4, 5]].reduceRight(function(a, b) {
    return a.concat(b);
}, []);
// flattened is [4, 5, 2, 3, 0, 1]

 

Run a list of asynchronous functions with callbacks in series each passing their results to the next

const waterfall = (...functions) => (callback, ...args) =>
  functions.reduceRight(
    (composition, fn) => (...results) => fn(composition, ...results),
    callback
  )(...args);

const randInt = max => Math.floor(Math.random() * max)

const add5 = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x + 5);
};
const mult3 = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x * 3);
};
const sub2 = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x - 2);
};
const split = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x, x);
};
const add = (callback, x, y) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x + y);
};
const div4 = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x / 4);
};

const computation = waterfall(add5, mult3, sub2, split, add, div4);
computation(console.log, 5) // -> 14

// same as:

const computation2 = (input, callback) => {
  const f6 = x=> div4(callback, x);
  const f5 = (x, y) => add(f6, x, y);
  const f4 = x => split(f5, x);
  const f3 = x => sub2(f4, x);
  const f2 = x => mult3(f3, x);
  add5(f2, input);
}

Difference between reduce and reduceRight

var a = ['1', '2', '3', '4', '5']; 
var left  = a.reduce(function(prev, cur)      { return prev + cur; }); 
var right = a.reduceRight(function(prev, cur) { return prev + cur; }); 

console.log(left);  // "12345"
console.log(right); // "54321"

 

 

互換性

reduceRight は、ECMA-262 第 5 版に追加された仕様であり、他の標準の実装には存在しない場合があります。以下のコードをスクリプトの先頭に挿入することにより、ネイティブでの実装の如何に関わらずreduceRightを動作させる事ができます。

// Production steps of ECMA-262, Edition 5, 15.4.4.22
// Reference: http://es5.github.io/#x15.4.4.22
if ('function' !== typeof Array.prototype.reduceRight) {
  Array.prototype.reduceRight = function(callback /*, initialValue*/) {
    'use strict';
    if (null === this || 'undefined' === typeof this) {
      throw new TypeError('Array.prototype.reduce called on null or undefined');
    }
    if ('function' !== typeof callback) {
      throw new TypeError(callback + ' is not a function');
    }
    var t = Object(this), len = t.length >>> 0, k = len - 1, value;
    if (arguments.length >= 2) {
      value = arguments[1];
    } else {
      while (k >= 0 && !(k in t)) {
        k--;
      }
      if (k < 0) {
        throw new TypeError('Reduce of empty array with no initial value');
      }
      value = t[k--];
    }
    for (; k >= 0; k--) {
      if (k in t) {
        value = callback(value, t[k], k, t);
      }
    }
    return value;
  };
}

策定

策定 状況 備考
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Array.prototype.reduceRight の定義
標準 初期定義。JavaScript 1.8にて実装。
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Array.prototype.reduceRight の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Array.prototype.reduceRight の定義
ドラフト  

ブラウザ実装状況

 

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
reduceRightChrome 完全対応 3Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 3IE 完全対応 9Opera 完全対応 10.5Safari 完全対応 4.1WebView Android 完全対応 ≤37Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 4Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報