Array.prototype.reduceRight()

reduceRight() メソッドは、隣り合う 2 つの配列要素に対して (右から左へ) 関数を適用して、単一の値にします。

左から右へ適用する際は Array.prototype.reduce() を参照してください。

構文

arr.reduceRight(callback(accumulator, currentValue[, index[, array]])[, initialValue])

引数

callback
4 つの引数を取って、配列内の各値に対し実行するコールバック関数
accumulator
現在処理されている配列要素の 1 つ前の要素。もしくは、指定されていれば initialValue。(下記参照)
currentValue
現在処理されている配列要素
indexOptional
現在処理されている配列要素のインデックス
arrayOptional
reduceRight() によって呼ばれる配列
initialValue Optional
callback の最初の呼び出しのときに、最初の実引数として用いるためのオブジェクト。initialValue が渡されなかった際は、配列の最後の要素が適用されます。また、空の配列に対して、初期値なしで呼び出すと TypeError になります。

返値

畳み込みによって得られた 1 つの値です。

解説

reduceRight は、配列に存在する各要素に対して、callback 関数を一度だけ実行します。配列における穴は対象からはずされ、初期値(あるいは、直前の callback 呼び出し)、現在の要素の値、現在のインデックス、繰り返しが行われる配列の 4 つの引数を受け取ります。

reduceRight の callback の呼び出しは、以下のように見えるでしょう。

array.reduceRight(function(accumulator, currentValue, index, array) {
  // ...
});

関数が初めて呼び出されたとき、accumulatorcurrentValue は、2 つの値のいずれかになります。reduceRight の呼び出しで initialValue が指定された場合、accumulatorinitialValue と等しくなり、currentValue は配列の最後の値と等しくなります。initialValue が指定されなかった場合、accumulator は配列の最後の値に等しく、currentValue は最後から 2 番目の値に等しくなります。

配列が空で、initialValue が指定されていない場合、TypeError が投げられます。配列に要素が 1 つしかなく(位置に関係なく)、initialValue が指定されていない場合、または initialValue が指定されているが配列が空の場合、callback を呼び出さずに単独の値が返されます。

この関数を使用した場合について見てみましょう。

[0, 1, 2, 3, 4].reduceRight(function(accumulator, currentValue, index, array) {
  return accumulator + currentValue;
});

コールバックは 4 回呼び出され、各コールの引数と戻り値は以下のようになります。

callback accumulator currentValue index array return value
初回の呼出し 4 3 3 [0, 1, 2, 3, 4] 7
2 回目の呼出し 7 2 2 [0, 1, 2, 3, 4] 9
3 回目の呼出し 9 1 1 [0, 1, 2, 3, 4] 10
4 回目の呼出し 10 0 0 [0, 1, 2, 3, 4] 10

reduceRight の返値は、コールバック呼び出しの最後の返値である (10) になります。

initialValue を与えた場合、その結果は以下のようになります。

[0, 1, 2, 3, 4].reduceRight(function(accumulator, currentValue, index, array) {
  return accumulator + currentValue;
}, 10);
callback accumulator currentValue index array return value
初回の呼出し 10 4 4 [0, 1, 2, 3, 4] 14
2 回目の呼出し 14 3 3 [0, 1, 2, 3, 4] 17
3 回目の呼出し 17 2 2 [0, 1, 2, 3, 4] 19
4 回目の呼出し 19 1 1 [0, 1, 2, 3, 4] 20
5 回目の呼出し 20 0 0 [0, 1, 2, 3, 4] 20

この場合の reduceRight の返値は 20 になります。

ポリフィル

reduceRight は ECMA-262 の第5版に追加されたもので、すべての実装には存在しない可能性があります。これを回避するには、スクリプトの最初に次のコードを挿入して、ネイティブにはサポートされていない実装でも reduceRight を使用できるようにします。

// Production steps of ECMA-262, Edition 5, 15.4.4.22
// Reference: http://es5.github.io/#x15.4.4.22
if ('function' !== typeof Array.prototype.reduceRight) {
  Array.prototype.reduceRight = function(callback /*, initialValue*/) {
    'use strict';
    if (null === this || 'undefined' === typeof this) {
      throw new TypeError('Array.prototype.reduce called on null or undefined');
    }
    if ('function' !== typeof callback) {
      throw new TypeError(callback + ' is not a function');
    }
    var t = Object(this), len = t.length >>> 0, k = len - 1, value;
    if (arguments.length >= 2) {
      value = arguments[1];
    } else {
      while (k >= 0 && !(k in t)) {
        k--;
      }
      if (k < 0) {
        throw new TypeError('Reduce of empty array with no initial value');
      }
      value = t[k--];
    }
    for (; k >= 0; k--) {
      if (k in t) {
        value = callback(value, t[k], k, t);
      }
    }
    return value;
  };
}

配列内のすべての値を合計する

var sum = [0, 1, 2, 3].reduceRight(function(a, b) {
  return a + b;
});
// sum is 6

配列中の配列を平坦化する

var flattened = [[0, 1], [2, 3], [4, 5]].reduceRight(function(a, b) {
    return a.concat(b);
}, []);
// flattened is [4, 5, 2, 3, 0, 1]

一連のコールバックを使用して非同期関数のリストを実行し、それぞれの結果を次のコールバックに渡す

const waterfall = (...functions) => (callback, ...args) =>
  functions.reduceRight(
    (composition, fn) => (...results) => fn(composition, ...results),
    callback
  )(...args);

const randInt = max => Math.floor(Math.random() * max)

const add5 = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x + 5);
};
const mult3 = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x * 3);
};
const sub2 = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x - 2);
};
const split = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x, x);
};
const add = (callback, x, y) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x + y);
};
const div4 = (callback, x) => {
  setTimeout(callback, randInt(1000), x / 4);
};

const computation = waterfall(add5, mult3, sub2, split, add, div4);
computation(console.log, 5) // -> 14

// same as:

const computation2 = (input, callback) => {
  const f6 = x=> div4(callback, x);
  const f5 = (x, y) => add(f6, x, y);
  const f4 = x => split(f5, x);
  const f3 = x => sub2(f4, x);
  const f2 = x => mult3(f3, x);
  add5(f2, input);
}

reducereduceRight の違い

var a = ['1', '2', '3', '4', '5']; 
var left  = a.reduce(function(prev, cur)      { return prev + cur; }); 
var right = a.reduceRight(function(prev, cur) { return prev + cur; }); 

console.log(left);  // "12345"
console.log(right); // "54321"

関数合計の定義

関数合成のコンセプトはシンプルで、n個の関数を組み合わせたものです。これは右から左へと流れ、最後の関数の出力を使用して各関数を呼び出します。

/**
 * Function Composition is way in which result of one function can
 * be passed to another and so on.
 *
 * h(x) = f(g(x))
 *
 * Function execution happens right to left
 *
 * https://en.wikipedia.org/wiki/Function_composition
 */

const compose = (...args) => (value) => args.reduceRight((acc, fn) => fn(acc), value)

// Increment passed number
const inc = (n) => n + 1

// Doubles the passed value
const double = (n) => n * 2

// using composition function
console.log(compose(double, inc)(2)); // 6

// using composition function
console.log(compose(inc, double)(2)); // 5

仕様

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Array.prototype.reduceRight の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
reduceRightChrome 完全対応 3Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 3IE 完全対応 9Opera 完全対応 10.5Safari 完全対応 5WebView Android 完全対応 ≤37Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 14Safari iOS 完全対応 4Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報