pop() メソッドは、配列から最後の要素を取り除き、その要素を返します。このメソッドは配列の長さを変化させます。

構文

arr.pop()

戻り値

配列の最後の要素。配列が空だった場合は、undefined

説明

pop メソッドは配列の最後の要素を取り除き、呼び出し元にその値を返します。

pop は意図して汎用的です。つまり、このメソッドは配列に類似したオブジェクトに対して called したりapplied したりすることができます。ゼロから始まる数値プロパティであり、連続した連なりの最後を反映している length プロパティを含まないオブジェクトでは効果がないかもしれません。

空の配列に対して pop() を実行した場合は、undefined を返します。

例: 配列の最後の要素を取り除く

以下のコードは、4 つの要素を含んだ配列 myFish を生成し、その後その最後の要素を取り除き、変数に代入しています。

var myFish = ['angel', 'clown', 'mandarin', 'sturgeon'];

console.log(myFish); // ['angel', 'clown', 'mandarin', 'sturgeon']

var popped = myFish.pop();

console.log(myFish); // ['angel', 'clown', 'mandarin' ] 

console.log(popped); // 'sturgeon'

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 3rd Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.2 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Array.prototype.pop の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Array.prototype.pop の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Array.prototype.pop の定義
ドラフト  

ブラウザ実装状況

 

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応1 あり15.5 あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: isdh,