Array.length

概要

配列の要素数を表す符号なし 32 ビット整数。

Array のプロパティ
実装されたバージョン
  • JavaScript 1.1
  • JavaScript 1.3: length は 232 未満の値である符号なし 32 ビット整数と定められた
ECMAScript エディション ECMA-262

構文

array.length

説明

length プロパティの値は正符号を持つ整数で、2 の 32 乗 (232) 未満の値です。

length プロパティに値をセットすることで、いつでも配列を短縮することができます。 length プロパティの値を変えることで配列を拡張した場合、実際の要素数は増えません。例えば、length が現在 2 のところに 3 をセットしても、配列はやはり要素を 2 つしか含んでいません。

例: 配列を反復する

以下の例では、配列 numbers がいくつの要素を持っているかを知るために length プロパティを見ることで、配列を反復します。その際それぞれの値は 2 倍されます。

var numbers = [1, 2, 3, 4, 5];

for (var i = 0; i < numbers.length; i++) {
  numbers[i] *= 2;
}
// この時点で numbers は [2, 4, 6, 8, 10] となっている;

例: 配列を短縮する

以下の例では配列 statesUS の配列要素数が 50 より大きい場合に、これを 50 に短縮しています。

if (statesUS.length > 50) {
   statesUS.length = 50
}

関連情報

Document Tags and Contributors

タグ:
Contributors to this page: Yuichirou, ethertank, Mgjbot
最終更新者: ethertank,