Array.prototype.push()

push()Array インスタンスのメソッドで、配列の末尾に指定された要素を追加します。また返値として配列の新しい長さを返します。

試してみましょう

構文

js
push()
push(element1)
push(element1, element2)
push(element1, element2, /* …, */ elementN)

引数

element1, …, elementN

配列の末尾に追加する要素。

返値

メソッドが呼び出されたオブジェクトの新しい length プロパティ。

解説

push() メソッドは配列の末尾に要素を追加します。

Array.prototype.unshift()push() と同様の動作ですが、配列の先頭に適用されます。

push() メソッドは変更メソッドです。これは、 this の長さとコンテンツを変更します。 this の値はそのままで、最後に要素を追加した新しい配列を返したい場合は、代わりに arr.concat([element0, element1, /* ... ,*/ elementN]) を使用することができます。要素が余分な配列に包まれていることに注意してください。そうでなければ、要素が配列そのものである場合、 concat() の動作により、単一の要素として挿入されるのではなく、分散されてしまうでしょう。

pop() メソッドは汎用的です。これは this 値に length プロパティと整数キーのプロパティがあることだけを期待します。文字列も配列風ですが、文字列は不変であるため、このメソッドを適用するのは適切ではありません。

配列に要素を追加する

以下のコードは 2 つの要素を持つ配列 sports を生成し、それに 2 つの要素を追加します。コードの実行後、変数 total には 4 が入ります。

js
const sports = ["soccer", "baseball"];
const total = sports.push("football", "swimming");

console.log(sports); // ['soccer', 'baseball', 'football', 'swimming']
console.log(total); // 4

2つの配列をマージする

この例ではスプレッド構文を使用して、二番目の配列から最初の配列へすべての要素を挿入します。

js
const vegetables = ["parsnip", "potato"];
const moreVegs = ["celery", "beetroot"];

// 1 つ目の配列に 2 つ目の配列をマージさせます
vegetables.push(...moreVegs);

console.log(vegetables); // ['parsnip', 'potato', 'celery', 'beetroot']

2 つの配列の結合は、 concat() メソッドでも行うことができます。

配列以外のオブジェクトに対する push() の呼び出し

push() メソッドは thislength プロパティを読み込みます。そして、 length から始まる this の各インデックスを push() に渡された引数で設定します。最後に、length に直前の長さにプッシュされた要素数を加えた値を設定します。

js
const arrayLike = {
  length: 3,
  unrelated: "foo",
  2: 4,
};
Array.prototype.push.call(arrayLike, 1, 2);
console.log(arrayLike);
// { '2': 4, '3': 1, '4': 2, length: 5, unrelated: 'foo' }

const plainObj = {};
// length プロパティがないので、長さは 0
Array.prototype.push.call(plainObj, 1, 2);
console.log(plainObj);
// { '0': 1, '1': 2, length: 2 }

オブジェクトを配列のように使用する

前述したように、push は内部的には汎用的なので、その利点を活かすことができます。この例が示しているように、オブジェクト上で Array.prototype.push は正しく動作します。

オブジェクトの集合を保存するために、配列を生成していないことに注意してください。代わりに、集合をオブジェクト自体に保存して、配列を扱っているかのように見せかけるために Array.prototype.push 上で call を使用しています。そして、JavaScript は実行コンテキストの確立を許可しているおかげで、これは動作します。

js
const obj = {
  length: 0,

  addElem(elem) {
    // obj.length は、要素が追加されるたびに
    // 自動的に増加する。
    [].push.call(this, elem);
  },
};

// 例示のために空のオブジェクトを追加する。
obj.addElem({});
obj.addElem({});
console.log(obj.length); // 2

obj は配列ではありませんが、本当の配列を扱っているかのように push メソッドは objlength プロパティを増加させできていることに注意してください。

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-array.prototype.push

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報