Array.prototype.with()

with()Array インスタンスのメソッドで、ブラケット記法に対応するコピーメソッドです。これは、指定された位置の要素を指定された値で置き換えた新しい配列を返します。

構文

js
arrayInstance.with(index, value)

引数

index

配列を変更するゼロ基点のインデックスで、整数に変換されます

  • インデックスが負の場合は、配列の末尾から逆に数えます。 index < 0 の場合、 index + array.length が使用されます。
  • 正規化後のインデックスが範囲を超えていた場合は、 RangeError 例外が発生します。
value

指定された位置に割り当てる値です。

返値

インデックス index の要素を value に置き換えた新しい配列です。

例外

RangeError

index >= array.length または index < -array.length の場合に発生します。

解説

with() メソッドは、配列の指定された位置の値を変更し、指定されたインデックスの要素を指定された値で置き換えた新しい配列を返します。元の配列は変更しません。これにより、配列メソッドを連鎖させながら操作を行うことができます。

with()at() を組み合わせることで、負のインデックスを用いた配列の書き込みと読み込み(それぞれ)ができます。

with() メソッドは決して疎配列を生成しません。疎配列の場合、空のスロットは新しい配列の undefined に置き換わります。

with() メソッドは汎用的です。このメソッドは this 値に length プロパティと整数キーのプロパティがあることだけを期待します。

単一の要素を変更した新しい配列を作成

js
const arr = [1, 2, 3, 4, 5];
console.log(arr.with(2, 6)); // [1, 2, 6, 4, 5]
console.log(arr); // [1, 2, 3, 4, 5]

配列メソッドの連鎖

with() メソッドを使用すると、配列の単一の要素を更新してから、他の配列メソッドを適用することができます。

js
const arr = [1, 2, 3, 4, 5];
console.log(arr.with(2, 6).map((x) => x ** 2)); // [1, 4, 36, 16, 25]

疎配列に対する with() の使用

with() メソッドは常に密配列を生成します。

js
const arr = [1, , 3, 4, , 6];
console.log(arr.with(0, 2)); // [2, undefined, 3, 4, undefined, 6]

配列以外のオブジェクトに対する with() の呼び出し

with() メソッドは新しい配列を生成して返します。このメソッドは thislength プロパティを読み込み、次にキーが length より小さい非負の整数である各プロパティにアクセスします。this の各プロパティにアクセスすると、プロパティのキーに等しいインデックスの配列要素がプロパティの値に設定されます。最後に、配列の index の値が value に設定されます。

js
const arrayLike = {
  length: 3,
  unrelated: "foo",
  0: 5,
  2: 4,
  3: 3, // length が 3 なので toSorted() からは無視される
};
console.log(Array.prototype.with.call(arrayLike, 0, 1));
// [ 1, undefined, 4 ]

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-array.prototype.with

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報