Array.of()

Array.of() メソッドは、引数の数や型にかかわらず、可変長引数から、新しい Array インスタンスを生成します。

Array.of()Array コンストラクタの違いは整数引数の扱いにあります。Array.of(7) は単一の要素、7 を持つ配列を作成しますが、Array(7)length プロパティが 7 の空の配列を作成します(注: これは実際の undefined の値を持つスロットではなく、7 つの空のスロットの配列を意味します)。

Array.of(7);       // [7]
Array.of(1, 2, 3); // [1, 2, 3]

Array(7);          // 7 つの空のスロットの配列
Array(1, 2, 3);    // [1, 2, 3]

構文

Array.of(element0[, element1[, ...[, elementN]]])

引数

elementN
生成する配列の要素。

返値

新しい Array インスタンス。

解説

この関数は、ECMAScript 標準の第 6 版の一部です。詳しい情報は、Array.ofArray.from 提案Array.of 互換コード をご覧ください。

ポリフィル

以下のコードを他のコードよりも前に記述する事により、ネイティブで実装されていなくても、Array.of() が使用可能になります。

if (!Array.of) {
  Array.of = function() {
    return Array.prototype.slice.call(arguments);
    // Or
    let vals = [];
    for(let prop in arguments){
        vals.push(arguments[prop]);
    }
    return vals;
  }
}

Array.of の使用

Array.of(1);         // [1]
Array.of(1, 2, 3);   // [1, 2, 3]
Array.of(undefined); // [undefined]

仕様

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Array.of の定義

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報