mozilla
Your Search Results

    window.navigator.userAgent

    概要

    現在のブラウザでのユーザエージェントを表す文字列を返します。

    構文

    varua = window.navigator.userAgent;
    

    戻り値

    ua は、現在のブラウザのユーザエージェントを表す文字列の値を保持します。

    window.navigator.userAgent プロパティは、 読み書き可能 です。また、デフォルトの値は存在しません。

    ユーザエージェントの文字列は、形式的な構造で成り立っており、それは、いくつかの細かい情報の断片に分解できます。これらの情報の断片の各々は、他の navigator プロパティに由来し、また、ユーザによって設定することが可能なものです。Gecko ベースのブラウザは、次の一般的な構造に従っています。:

    userAgent = appCodeName/appVersion number (Platform; Security; OS-or-CPU;
    Localization; rv: revision-version-number) product/productSub
    Application-Name Application-Name-version
    

    alert(window.navigator.userAgent)
    // "Mozilla/5.0 (Windows; U; Win98; en-US; rv:0.9.2) Gecko/20010725 Netscape6/6.1" という文字列を警告ダイアログで表示します。
    

    注記

    ユーザエージェントを表す文字列を検出することに基づいたブラウザ識別は、信頼できないものであり、また、推奨されません。なぜなら、ユーザエージェントを表す文字列は、ユーザによって変更することができるからです。以下がその例です。:

    • Mozilla Suite と Firefox では、 about:config の "general.useragent.override" 設定を使うことができます。いくつかの Firefox の拡張や多機能バーでも設定可能です。
    • Opera 6+ では、メニューからブラウザ識別文字列を設定できます。
    • Microsoft Internet Explorer では、 Windows レジストリを利用できます。【訳注: 国産の IE タブブラウザの多くは、オプションなどから容易にユーザエージェントを変更することができます。】
    • Safari と iCab は、メニューから、ブラウザユーザエージェントを 定義済みの Internet Explorer、または、 Netscape の文字列に変更できます。

    仕様

    DOM Level 0。どの標準にも属しません。

    リファレンス

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: khalid32, Potappo, ethertank, fscholz
    最終更新者: khalid32,