Navigator.getVRDisplays()

廃止: この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

getVRDisplays()Navigator インターフェイスのメソッドで、コンピューターに接続されている利用可能な VR 機器を表す VRDisplay オブジェクトの配列へ解決するためのプロミスを返します.

構文

navigator.getVRDisplays().then(function(displays) {
  // 利用可能な VR display で何かする
});

引数

なし。

返値

VRDisplay オブジェクトの配列へ解決するためのプロミスです。

if(navigator.getVRDisplays) {
  console.log('WebVR 1.1 supported');
  // Then get the displays attached to the computer
  navigator.getVRDisplays().then(function(displays) {
    // If a display is available, use it to present the scene
    if(displays.length > 0) {
      vrDisplay = displays[0];
      // Now we have our VRDisplay object and can do what we want with it
    }
  });
}

Note: You can see this complete code at raw-webgl-example.

仕様書

仕様書 状態 備考
WebVR 1.1
getVRDisplays() の定義
ドラフト 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報