GlobalEventHandlers.onkeyup

GlobalEventHandlers ミックスインの onkeyup プロパティは、onkeyup イベントを処理する EventHandler です。

keyup イベントは、ユーザーが押していたキーを離した時に発生します。

構文

target.onkeyup = functionRef;

functionRef は関数名または 関数式 です。この関数は、KeyboardEvent オブジェクトとその 1 個の引数を受け取ります。

この例は、<input> 要素内でキーを離すたびに、そのキーの KeyboardEvent.code 値をログ出力します。

HTML

<input>
<p id="log"></p>

JavaScript

const input = document.querySelector('input');
const log = document.getElementById('log');

input.onkeyup = logKey;

function logKey(e) {
  log.textContent += ` ${e.code}`;
}

実行結果

仕様

仕様書 策定状況 備考
HTML Living Standard
onkeyup の定義
現行の標準

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
onkeyupChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE ? Opera ? Safari ? WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android ? Safari iOS ? Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

互換性ノート

Firefox 65 以降、keyup および keydown イベントは、CJKT (中国、日本、韓国、台湾) ユーザーのブラウザー間の互換性を改善するために、IME 変換中に発生するようになりました (詳細は バグ 354358 および IME 変換中にも keydown、keyup イベントが発生するようになりました を参照)。変換対象の一部に対してすべての keydown イベントを無視するには、次のようにしてください (229 は IME により処理されるイベントに関する keyCode の特別な値セットです):

eventTarget.addEventListener("keyup", event => {
  if (event.isComposing || event.keyCode === 229) {
    return;
  }
  // do something
});

関連項目