MessageEvent()

MessageEvent() コンストラクターは新しい MessageEvent オブジェクトのインスタンスを作成します。

構文

new MessageEvent(type)
new MessageEvent(type, init)

引数

type

作成される MessageEvent の種類を示す文字列です。 よくある型の例としては message, messageerror, connect があります。

init 省略可

以下のプロパティを持つことができる辞書オブジェクトです。

  • data: MessageEvent に含まめたいデータ。 これは任意のデータ型であり、指定しない場合は既定で null になります。
  • origin: メッセージの発信元を表す USVString を指定します。指定しない場合の既定値は空文字列 ("") です。
  • lastEventId: イベントの一意な ID を表す DOMString です。指定しない場合の既定値は空文字列 ("") です。
  • source: メッセージの送信元を表す MessageEventSourceWindowProxy, MessagePort, ServiceWorker の何れかのオブジェクト)を指定します。設定されていない場合の既定値は null です。
  • ports: メッセージが(チャンネルメッセージングや共有ワーカーにメッセージを送信する場合など、適切な場合に)送信されるチャンネルに関連するポートを表す MessagePort オブジェクトの配列です。指定しない場合の既定値は空の配列 ([]) になります。

var myMessage = new MessageEvent('message', {
  data : 'hello'
});

仕様書

Specification
HTML Standard
# the-messageevent-interface:dom-event-constructor

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • ExtendableMessageEvent — このインターフェイスに似ていますが、もっと柔軟性が必要なインターフェイスで使用されます。