mozilla
Your Search Results

    Array.prototype

    This translation is incomplete. Please help translate this article from English.

    概要

    Array  コンストラクタのプロトタイプを表します。

    詳細

    Array  インスタンスは、Array.prototype を継承します。全てのコンストラクタと同様に、コンストラクタのプロトタイプオブジェクトを変更して、Array インスタンスの全てを変更することができます。

    Little known fact: Array.prototype itself is an Array:

    Array.isArray(Array.prototype); // true

    プロパティ

    Array.prototype.constructor
    オブジェクトのプロトタイプを生成する関数を示す
    Array.prototype.length
    配列の要素数を反映する

    メソッド

    変異メソッド

    これらのメソッドは配列を書き換えます。

    Array.prototype.copyWithin()
    Copies a sequence of array elements within the array.
    Array.prototype.fill()
    Fills all the elements of an array from a start index to an end index with a static value.
    Array.prototype.pop()
    配列から最後の要素を取り除き、その要素を返す
    Array.prototype.push()
    配列の最後に 1 つ以上の要素を追加し、新しい配列の長さを返す
    Array.prototype.reverse()
    配列の要素の順番を逆転させる。最初の要素は最後に、最後の要素は最初になる。
    Array.prototype.shift()
    配列から最初の要素を取り除き、その要素を返す
    Array.prototype.sort()
    配列の要素をソート
    Array.prototype.splice()
    配列から要素を追加したり取り除いたりする
    Array.prototype.unshift()
    配列の最初に 1 つ以上の要素を追加し、新しい配列の長さを返す

    アクセサメソッド

    これらのメソッドは配列を書き換えず、配列を何らかの形で表現したものを返します。

    Array.prototype.concat()
    元の配列に他の配列や値をつないでできた新しい配列を返す
    Array.prototype.includes()
    Determines whether an array contains a certain element, returning true or false as appropriate.
    Array.prototype.join()
    配列の全ての要素を繋いで文字列にする
    Array.prototype.slice()
    配列の一部を取り出して新しい配列を返す
    Array.prototype.toSource()
    指定された配列を表す配列リテラルを返す。この値を新しい配列を作るのに使うことができます。Object.prototype.toSource() メソッドを上書きしています。
    Array.prototype.toString()
    配列とその要素を表す文字列を返す。Object.prototype.toString() メソッドを上書きしています。
    Array.prototype.toLocaleString()
    Returns a localized string representing the array and its elements. Overrides the Object.prototype.toLocaleString() method.
    Array.prototype.indexOf()
    指定された値と等しい値を持つ最初の(添字の一番小さい)要素の添字を返す。見つからない場合、 -1 を返す。
    Array.prototype.lastIndexOf()
    指定された値と等しい値を持つ最後の (添字の一番大きい)要素の添字を返す。見つからない場合、 -1 を返す。

    反復メソッド

    いくつかのメソッドは引数として、配列を処理する際にコールバックされる関数を取ります。これらのメソッドが呼ばれる際、配列の length(長さ)を一時記憶するため、コールバック中にこの長さを超えて追加された要素には訪れません。配列に対するその他の変更(値の書き換えや要素の削除)は、もしメソッドが変更した要素に後で訪れた場合には、操作の結果に影響を及ぼすかもしれません。

    そのような場合におけるこれらのメソッドの振る舞いはうまく定義されているわけではないので、コードを読む他者を混乱させないよう、これらのメソッドに頼るべきではありません。配列を変化させなければならない場合、代わりに新しい配列にコピーしてください。

    Array.prototype.forEach()
    配列中のそれぞれの要素について関数を呼び出す
    Array.prototype.entries()
    Returns a new Array Iterator object that contains the key/value pairs for each index in the array.
    Array.prototype.every()
    ある配列の全ての要素が与えられたテスト関数を満たした場合に true を返す
    Array.prototype.map()
    ある配列の全ての要素について与えられた関数を呼び出した結果からなる新しい配列を生成する
    Array.prototype.some()
    ある配列の少なくとも 1 つの要素が与えられたテスト関数を満たした場合に true を返す
    Array.prototype.filter()
    ある配列の要素で、与えられたフィルタリング関数が true を返したものすべてからなる新しい配列を生成する
    Array.prototype.find()
    Returns the found value in the array, if an element in the array satisfies the provided testing function or undefined if not found.
    Array.prototype.findIndex()
    Returns the found index in the array, if an element in the array satisfies the provided testing function or -1 if not found.
    Array.prototype.keys()
    Returns a new Array Iterator that contains the keys for each index in the array.
    Array.prototype.map()
    ある配列の全ての要素について与えられた関数を呼び出した結果からなる新しい配列を生成する
    Array.prototype.reduce()
    1 つの値に還元されるように、配列の 2 つの値に対し(左から右へ)同時に関数を適用していく
    Array.prototype.reduceRight()
    1 つの値に還元されるように、配列の 2 つの値に対し(右から左へ)同時に関数を適用していく
    Array.prototype.values()
    Returns a new Array Iterator object that contains the values for each index in the array.
    Array.prototype[@@iterator]()
    Returns a new Array Iterator object that contains the values for each index in the array.

    汎用メソッド

    JavaScript の Array オブジェクト上の多くのメソッドは、配列「のように見える」あらゆるオブジェクトに対し広く適応されるよう設計されています。すなわち、length プロパティを持ち、数字のプロパティ名を使って(array[5] で参照するように)有効にアクセスできるどんなオブジェクトにも、それらを使用することができるのです。join のようないくつかのメソッドは、それを呼び出すオブジェクトの length や数字のプロパティを読み取ることだけをします。他の reverse のようなメソッドは、オブジェクトの数字のプロパティや length が変更可能である必要があります。それゆえこれらのメソッドは、length プロパティや合成された数字のプロパティを変更することが許されていない String, のようなオブジェクトに対し呼び出すことはできません。

    Specifications

    Specification Status Comment
    ECMAScript 1st Edition. Standard Initial definition.
    ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
    The definition of 'Array.prototype' in that specification.
    Standard  
    ECMAScript 6 (ECMA-262)
    The definition of 'Array.prototype' in that specification.
    勧告候補  

    Browser compatibility

    Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
    Basic support (有) (有) (有) (有) (有)
    Feature Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
    Basic support (有) (有) (有) (有) (有) (有)

     

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: fscholz, Yuichirou, Mgjbot, ethertank, teoli, Potappo
    最終更新者: teoli,
    サイドバーを隠す