HTMLVideoElement: getVideoPlaybackQuality() メソッド

HTMLVideoElementgetVideoPlaybackQuality() メソッドは、どれだけのフレームが落ちるのかを示す指標を含む VideoPlaybackQuality (en-US) オブジェクトを返します。

返されるデータは、動画ストリームの品質を評価するために使用することができます。

構文

js

getVideoPlaybackQuality()

引数

なし。

返値

VideoPlaybackQuality (en-US) オブジェクトで、この video 要素の再生品質についての情報を提供します。

この例では、再生処理でこれまでに経過した動画フレームの総数を示す要素を更新します。この値には、取りこぼしたフレームや破損したフレームも含まれるため、「再生されたフレームの総数」とは異なります。

js

const videoElem = document.getElementById("my_vid");
const counterElem = document.getElementById("counter");
const quality = videoElem.getVideoPlaybackQuality();

counterElem.innerText = quality.totalVideoFrames;

仕様書

Specification
Media Playback Quality
# dom-htmlvideoelement-getvideoplaybackquality

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報