非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

paste で W3C Working Draft をご覧ください。

概要

onpaste プロパティは、r現在の要素での onPaste イベントハンドラのコードを返します。

構文

element.onpaste = functionRef;

ここでの functionRef は関数です。それはたいてい、他の場所で宣言された関数の名前、あるいは function 式です。詳しくは JavaScript リファレンス:Functions を参照してください。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>onpaste event example</title>
</head>

<body>
<h1>Play with this editor!</h1>
<textarea id="editor" rows="3" cols="80">
Try pasting text into this area!
</textarea>

<script>
function log(txt) {
  document.getElementById("log").appendChild(document.createTextNode(txt + "\n"));
}
  
function pasteIntercept(evt) {
  log("Pasting!");
}
  
document.getElementById("editor").addEventListener("paste", pasteIntercept, false);
</script>

<h2>Log</h2>
<textarea rows="15" cols="80" id="log" readonly="true"></textarea>
</body>
</html>

この例は、テキストエリアへの貼り付けのログを表示します。

メモ

このイベントは、ユーザがテキストを貼り付けしようとしたときに発生します。

Firefox 13 から、この機能は設定 dom.event.clipboardevents.enabled で制御されます。デフォルトは true ですが無効化できます。

仕様策定状況

仕様の一部ではありません。

メモ

現在、 DOM だけでペーストされたテキストを得る方法はありません。その情報を得るためには nsIClipboard を用いる必要があります。

メモ

paste で W3C Working Draft をご覧ください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, mitsuba-clover, fscholz, khalid32, Potappo
最終更新者: mfuji09,