element.dir

概要

 dir 属性は、要素のテキストの書き込み方向を取得または設定します。

構文と値

var CurrentWritingDirection = elementNodeReference.dir;
elementNodeReference.dir = NewWritingDirection;

CurrentWritingDirection は、要素のテキストの書き込み方向を表す文字列の変数です。NewWritingDirection は、テキストの書き込み方向の値を表す文字列の変数です。

 dir が取り得る値は、左から右へ書く ltr と、右から左へ書く rtl です。

var parg = document.getElementById("para1"); 
parg.dir = "rtl"; 
// "para1" というIDによって取得した段落の、テキストの方向を変更する。

注記

要素のテキストの書き込み方向というのは、テキストを書いていく方向です。これは、異なる言語体系をサポートするためにあります。アラビア語とヘブライ語は、右から左へ書く典型的な言語です。

img要素は、title属性 と alt属性が "rtl" として設定されるようなときに、 dir 属性を持つことができます。

table要素が "rtl" に設定された dir 属性を持つとき、列の順序は右から左へ配置されます。

Gecko 7.0 note
(Firefox 7.0 / Thunderbird 7.0 / SeaMonkey 2.4)

Gecko 7.0 (Firefox 7.0 / Thunderbird 7.0 / SeaMonkey 2.4)より前では、返り値が小文字になりませんでした。 Gecko 7.0からは、仕様で要求されるように、返される文字列は、常に全て小文字になります。

仕様

W3C DOM Level 2 HTML: dir

 

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
最終更新者: khalid32,