HTMLElement.contentEditable

概要

HTMLElement.contentEditable プロパティは、要素が編集可能かどうかを取得または設定するのに使用します。この列挙可能属性は、以下の値を持ちます:

  • "true" は、要素が編集可能 (contenteditable) であることを示します。
  • "false" は、要素が編集できないことを示します。
  • "inherit" は、要素が親要素の編集可能状態を継承することを示します。

HTMLElement.isContentEditable プロパティを使用して、このプロパティの計算済みの真偽値をテストできます。

構文

editable = element.contentEditable
element.contentEditable = "true"

仕様書

仕様 状態 コメント
WHATWG HTML Living Standard
The definition of 'contenteditable' in that specification.
Living Standard Initial definition

ブラウザの互換性

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 11 3.0 (1.9) 6[1] 10.6 3.2
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 3 1.0 (1.9) 6[1] 未サポート 5

[1] Internet Explorer には、この機能の実装に伴う一連のバグがあります。IE10 は、リストの編集時にクラッシュすることがあります (bug 796187)。IE11 以降は、要素が float な場合、キャレットを不正な位置に置きます (bug 858749)。IE9~10 は、ドラッグ中にマウスホイールを使用すると window がフリーズします (bug 809254)。IE10~11 は、input イベントを発生させません (bug 794285)。IE10 は、コンテキストメニューから "切り取り" を選択した後にクラッシュします (bug 801770)。IE11 以降は、空のテーブルセル内にキャレットを置けません (bug 807199)。IE10 は、スペルミスの単語を右クリックした時に contextmenu イベントを発生させません (bug 774350)。IE11 は、内部に contenteditable ドキュメントを持つ <iframe> を表示または隠した時、<br> 要素を <body> 要素に追加します (bug 864804)。IE11 は、画像や入力フォームのサイズ変更ハンドルを無効化できません (bug 907422)。

参照

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: uiureo, Marsf, fscholz, AshfaqHossain, ethertank
 最終更新者: uiureo,