概要

HTMLElement.contentEditable プロパティは、要素が編集可能かどうかを取得または設定するのに使用します。この列挙可能属性は、以下の値を持ちます:

  • "true" は、要素が編集可能 (contenteditable) であることを示します。
  • "false" は、要素が編集できないことを示します。
  • "inherit" は、要素が親要素の編集可能状態を継承することを示します。

HTMLElement.isContentEditable プロパティを使用して、このプロパティの計算済みの真偽値をテストできます。

構文

editable = element.contentEditable
element.contentEditable = "true"

仕様書

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
contenteditable の定義
現行の標準 Initial definition

ブラウザの互換性

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 11 3.0 (1.9) 6[1] 10.6 3.2
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 3 1.0 (1.9) 6[1] 未サポート 5

[1] Internet Explorer には、この機能の実装に伴う一連のバグがあります。IE10 は、リストの編集時にクラッシュすることがあります (bug 796187)。IE11 以降は、要素が float な場合、キャレットを不正な位置に置きます (bug 858749)。IE9~10 は、ドラッグ中にマウスホイールを使用すると window がフリーズします (bug 809254)。IE10~11 は、input イベントを発生させません (bug 794285)。IE10 は、コンテキストメニューから "切り取り" を選択した後にクラッシュします (bug 801770)。IE11 以降は、空のテーブルセル内にキャレットを置けません (bug 807199)。IE10 は、スペルミスの単語を右クリックした時に contextmenu イベントを発生させません (bug 774350)。IE11 は、内部に contenteditable ドキュメントを持つ <iframe> を表示または隠した時、<br> 要素を <body> 要素に追加します (bug 864804)。IE11 は、画像や入力フォームのサイズ変更ハンドルを無効化できません (bug 907422)。

参照

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: uiureo, Marsf, fscholz, AshfaqHossain, ethertank
最終更新者: uiureo,