HTMLElement.innerText

innerTextHTMLElement のプロパティで、ノードとその子孫の「レンダリングされている」テキスト内容を示します。

ゲッターとしては、カーソルで要素の内容を選択しクリップボードにコピーした際のテキストに近いものを取得することができます。 セッターとしては、この要素の子要素を指定された値で置き換え、すべての改行を <br> 要素に変換します。

Note: innerTextNode.textContent と混同しやすいのですが、両者には重要な違いがあります。基本的に innerText はテキストがレンダリングされる表示を意識しますが、 textContent はそうではありません。

DOMString で、要素の表示されたテキストの内容を表します。

要素自身が表示されないとき(例えば、文書から切り離されたり、表示から隠されたりしている場合)、返値は Node.textContent プロパティと同じ値になります。

この例では innerTextNode.textContent を比較しています。 innerText<br> 要素のようなものをどのように意識するかや、非表示の要素を無視することに注意してください。

HTML

<h3>元の要素:</h3>
<p id="source">
  <style>#source { color: red;  } #text { text-transform: uppercase; }</style>
<span id=text>このテキストが<br>どう扱われるか<br>下で見てみてください。</span>
  <span style="display:none">隠しテキスト</span>
</p>
<h3>textContent の結果:</h3>
<textarea id="textContentOutput" rows="6" cols="30" readonly>...</textarea>
<h3>innerText の結果:</h3>
<textarea id="innerTextOutput" rows="6" cols="30" readonly>...</textarea>

JavaScript

const source = document.getElementById("source");
const textContentOutput = document.getElementById("textContentOutput");
const innerTextOutput = document.getElementById("innerTextOutput");

textContentOutput.value = source.textContent;
innerTextOutput.value = source.innerText;

結果

仕様書

Specification
HTML Standard
# the-innertext-idl-attribute

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報