VideoTrack.selected

VideoTrackselected プロパティは、特定の動画トラックがアクティブかどうかを制御します。

構文

isVideoSelected = VideoTrack.selected;

VideoTrack.selected = true | false;

selected プロパティは、トラックがアクティブな場合に値が true になる Boolean の値です。 同時にアクティブにできる動画トラックは1つだけなので、別のトラックがアクティブなときに、あるトラックでこのプロパティを true に設定すると、アクティブであったトラックは非アクティブになります。

仕様

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
VideoTrack: selected の定義
現行の標準  

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
selectedChrome 完全対応 37
無効
完全対応 37
無効
無効 From version 37: this feature is behind the enable-experimental-web-platform-features preference (needs to be set to enabled). To change preferences in Chrome, visit chrome://flags.
Edge 完全対応 79
無効
完全対応 79
無効
無効 From version 79: this feature is behind the enable-experimental-web-platform-features preference (needs to be set to enabled).
未対応 12 — 79
Firefox 完全対応 33
無効
完全対応 33
無効
無効 From version 33: this feature is behind the media.track.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
IE 完全対応 10Opera 完全対応 24
無効
完全対応 24
無効
無効 From version 24: this feature is behind the enable-experimental-web-platform-features preference (needs to be set to enabled).
Safari 完全対応 6.1WebView Android 未対応 なしChrome Android 完全対応 37
無効
完全対応 37
無効
無効 From version 37: this feature is behind the enable-experimental-web-platform-features preference (needs to be set to enabled). To change preferences in Chrome, visit chrome://flags.
Firefox Android 完全対応 33
無効
完全対応 33
無効
無効 From version 33: this feature is behind the media.track.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
Opera Android 完全対応 24
無効
完全対応 24
無効
無効 From version 24: this feature is behind the enable-experimental-web-platform-features preference (needs to be set to enabled).
Safari iOS 完全対応 7Samsung Internet Android 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。