Firefox 52 for developers

Firefox 52 は、米国時間 2017 年 3 月 7 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 52 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

Firefox 51 から Firefox 52 の間に解決した開発ツール関連のバグ一覧

HTML

CSS

新機能

CSS Grid

変更および削除

  • 補間処理ができないプロパティのアニメーションに CSS Animations を使用できるようになりました (バグ 1064937)。
  • CSS3 マルチカラム関連プロパティの接頭辞を削除しました (また、-moz 接頭辞付きのプロパティを別名として再追加しました) (バグ 1300895)。
  • baseline|last-baseline[ first | last ]? baseline に変更しました (バグ 1313254).
  • block-axis について、left/right の使用値を start にしました (バグ 1221565)。
  • 無名の flex アイテム内で、flex コンテナの絶対配置の子を折り返さないようになりました (バグ 1269045)。
  • グリッドコンテナーのベースラインを実装しました。 (バグ 1151204)。
  • スタイルシステムから、<flex> 値を最小値として使用する箇所を削除しました (バグ 1305244)。
  • 包含ブロックの長さが不定である、flexible tracks を伸長する際に、最小サイズや最大サイズを重視するようになりました (バグ 1309407)。
  • mask-position および mask-repeat の初期値を、それぞれ 0% 0% および repeat に変更しました (バグ 1308963)。
  • 設定項目 layout.css.masking.enabled を削除しました (バグ 1308239)。
  • 独自の メディアタイプ である -moz-images-in-menus および -moz-images-in-buttons を削除しました (バグ 1302157)。
  • 色のプロパティから -moz-use-text-color を削除しました。代わりに currentColor を使用してください (バグ 1306214)。
  • [css-grid] グリッドアイテムに 'max-width' を設定するとテキストがはみ出す問題を修正しました (バグ 1330380)。
  • CSS の <color> 値に対していくつか変更を施しました (バグ 1295456):
    • rgba() および hsla() を、rgb() および hsl() の別名として再定義しました。どちらも同じ引数構文を受け入れます。
    • rgb() および hsl() が、アルファ値 (省略可能) を受け入れるようになりました。例: rgb(255, 0, 0, 0.5)
    • 色関数が、カンマ区切りではなく空白区切りの引数を受け入れるようになりました。例: rgb(255 0 0 / 0.5)
    • アルファ値を、数値だけでなくパーセンテージでも指定できるようになりました。例: rgb(255 0 0 / 50%)
    • hsl() 色の色相を、数値だけでなく角度でも指定できるようになりました。例: hsl(120deg, 60%, 70%)

JavaScript

新機能

変更および削除

WebAssembly

DOM

Service Workers と Fetch

  • Headers.getAll() を削除しました。また Headers.get() が、指定したヘッダーの (最初の値だけではなく) すべての値を取り出すようになりました (バグ 1278275)。これは、最新の Fetch API 仕様の更新内容に準拠しています。

Web Audio API

  • ConstantSourceNode インターフェイスを追加しました。これは、すべて同じ値であるサンプルのストリームを常に出力するオーディオソースを表します。複雑なオーディオフローを単純化するためにこのインターフェイスをどのように使用するかを示す例を、Controlling multiple parameters with ConstantSourceNode でご覧ください。

WebRTC

  • ICE 接続が一時的に不通になったとき、RTCPeerConnection.iceConnectionState プロパティが "disconnected" に設定されるようになりました。これは一時的な問題で間もなく解決する見込みであり、後に接続が "connected" 状態に戻ることを示します (バグ 852665)。
  • MediaDevices.ondevicechange イベントハンドラーと、これに対応する devicechange イベントは Firefox 51 で Mac に限り実装してデフォルトで無効化していましたが、Windows および Linux でも実装して、すべてのプラットフォームでデフォルトで有効にしました。
  • MediaStream.active プロパティをサポートしました。これはストリームで少なくとも 1 つのトラックが現在再生中であるかを示す、読み取り専用の Boolean 型プロパティです。
  • Firefox 52 より前のバージョンでは MediaStreamTrack.stop() メソッドで、ローカルトラック (すなわち、getUserMedia() で取得したトラック) しか停止できませんでした。Firefox 52 で、WebRTC 接続と関連付けられた MediaStreamWeb Audio API ストリーム、CanvasCaptureMediaStream など、さまざまなトラックを停止できるようになりました。
  • 以前は Firefox のイベントループによってひとつのパスで TextTrackmode を繰り返し変更すると、複数の change イベントが親メディア要素の textTracks で指定された TextTrackList に発行されていました。Firefox 52 から、ひとつのイベントに統合するようになりました (バグ 882674)。

Audio/Video/Media

  • <audio> または <video> 要素を扱っていてエラーが発生したときに HTMLMediaElement.error で指定される MediaError オブジェクトが、message プロパティを持つようになりました。これは、発生したエラーの具体的な説明を提供します。この文字列はエラーの事象について詳細情報を提供して、なぜ誤っているかの見識を与えます (バグ 1299072)。このフィールドは Firefox 51 から nightly ビルドに含まれていましたが、release を含むすべてのビルドで有効化しました。

その他の API

HTTP

SVG

  • SVG ドキュメントは、SVGDocument に代わり XMLDocument インターフェイスを使用して表すようになりました。これは SVG 2 仕様で変更されました。

セキュリティ

  • ログインページ (すなわち <input type="password"> フィールドを含むページ) でログイン情報が安全でない方法で送信されると思われる場合に、Firefox はユーザーに警告するため、ページ内のパスワードフィールドの下に警告メッセージを表示します (バグ 1319119)。また、安全でないログインフォームではオートフィルが無効になります (バグ 1217152)。詳しくは 安全でないパスワード をご覧ください。
  • SHA-1 SSL 証明書のサポートを廃止しました。SHA-1 証明書を使用する安全なページに移動すると、Untrusted Connection エラーが発生します (バグ 1330043)。

プラグイン

Flash を除くすべての NPAPI プラグイン のサポートを廃止しました (詳しくは プラグイン対応は Flash を除き廃止されました をご覧ください)。Flash の使用も将来、段階的に廃止します。

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

WebExtensions

新規 API:

インターフェイス

XUL

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,