TypedArray.prototype.slice()

概要

typed arrayの一部を取り出して新しいtyped arrayを返します。このメソッドは、Array.prototype.slice()と同じアルゴリズムを持ちます。 TypedArrayは、ここではtyped array typesの一つです。

構文

typedarray.slice([begin[, end]])

引数

begin Optional
どこから取り出すかを示す 0 から始まる添字。
beginは負の添字を使って、配列の終わりからのオフセットを表すことができます。slice(-2)は配列の最後から 2 番目の要素と最後の要素を取り出します。
beginを省略した場合は、sliceは、0番目の要素から開始します。
end Optional
どこまで取り出すかを示す 0 から始まる添字。sliceend自体は含めず、その直前まで取り出します。
slice(1,4)は 2 番目の要素から 4 番目の要素まで (添字が 1, 2, 3 の要素) を取り出します。
endは負の添字を使って、配列の終わりからのオフセットを表すことができます。slice(2,-1)は配列の 3 番目の要素から、最後から 2 番目の要素まで取り出します。
endが省略された場合、sliceは配列の最後(arr.length)まで取り出します。

説明

sliceメソッドは元の配列を変更しませんが、元の配列から取り出された要素のコピーを含むシャローコピー( 1 段階の深さのコピー)を返します。

一方のtyped arrayに新しい要素が追加されても、他方のtyped arrayに影響はしません。

例: 既存の配列の一部を返す

var uint8 = new Uint8Array([1,2,3]);
uint8.slice(1);   // Uint8Array [ 2, 3 ]
uint8.slice(2);   // Uint8Array [ 3 ]
uint8.slice(-2);  // Uint8Array [ 2, 3 ]
uint8.slice(0,1); // Uint8Array [ 1 ]

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
%TypedArray%.prototype.slice の定義
標準 初期定義。

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!
機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート 38 (38) 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 38 (38) 未サポート 未サポート 未サポート

関連情報