TypedArray.of()

TypedArray.of() メソッドは、様々な数の引数をもつ新しい型付き配列を生成します。このメソッドは Array.of() とほぼ同じです。

構文

TypedArray.of(element0[, element1[, ...[, elementN]]])

ここで TypedArray は次のいずれかです。

引数

elementN
型付き配列を生成するときの構成する要素。

返値

新しい TypedArray のインスタンスです。

解説

Array.of()TypedArray.of() との間にいくつかの微妙な違いがあります。

  • TypedArray.of() に渡された this の値がコンストラクターではなかった場合、 TypedArray.of()TypeError が発生します。これは Array.of() が既定で新しい Array を生成するためです。
  • TypedArray.of()[[Put]] を使用するのに対し、 Array.of()[[DefineProperty]] を使用します。従って Proxy オブジェクトを使っている場合は、新しい要素を追加するときに handler.defineProperty() ではなく handler.set が呼び出されます。

of() の使用

Uint8Array.of(1);            // Uint8Array [ 1 ]
Int8Array.of('1', '2', '3'); // Int8Array [ 1, 2, 3 ]
Float32Array.of(1, 2, 3);    // Float32Array [ 1, 2, 3 ]
Int16Array.of(undefined);    // Int16Array [ 0 ]

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報