Notification.requireInteraction

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

安全なコンテキスト用
この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

requireInteractionNotification インターフェイスの読取専用プロパティで、ユーザーがクリックするか閉じるかするまで、通知が自動的に閉じずに残るべきであることを示す Boolean を返します。

: これは最初に、 Notification.Notification() コンストラクターの option オブジェクトの requireInteractiontrue の状態で生成されたときに設定されることがあります。

構文

function spawnNotification(theTitle,theBody,shouldRequireInteraction) {
  var options = {
      body: theBody,
      requireInteraction: shouldRequireInteraction
  }
  var n = new Notification(theTitle,options);
}

Boolean です。

仕様書

仕様書 状態 備考
Notifications API
requireInteraction の定義
現行の標準 Living standard

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
requireInteractionChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 17Firefox 未対応 なしIE 未対応 なしOpera 完全対応 ありSafari ? WebView Android 未対応 なしChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報