TypedArray.from()

TypedArray.from() メソッドは、配列風オブジェクトや反復可能オブジェクトから新しい型付き配列を生成します。このメソッドは Array.from() とほぼ同じです。

試してみましょう

構文

js
TypedArray.from(arrayLike, mapFn)
TypedArray.from(arrayLike, mapFn, thisArg)

ここで TypedArray は次のいずれかです。

引数

arrayLike

型付き配列に変換する反復可能または配列風オブジェクトです。

mapFn 省略可

型付き配列の各要素に対して呼び出す関数です。指定された場合、配列に追加するすべての値は最初にこの関数に渡され、代わりに mapFn の返値が型付き配列に追加されます。この関数は以下の引数で呼び出されます。

element

現在処理されている型付き配列の要素です。

index

現在処理されている型付き配列の要素のインデックスです。

thisArg 省略可

mapFn を実行するときに this として使う値です。

返値

新しい TypedArray インスタンスです。

解説

詳しくは Array.from() を娯楽んだ歳。

Array.from()TypedArray.from() の間には微妙な違いがあります(メモ: 下記で言及する this 値は TypedArray.from() が呼び出された this 値であり、 mapFn を呼び出すために用いた thisArg 引数ではありません)。

  • TypedArray.from() に渡された this の値がコンストラクターではなかった場合、 TypedArray.from()TypeError が発生します。それに対して Array.from() が既定で新しい Array を生成します。
  • this で構築されるオブジェクトは TypedArray インスタンスでなければなりませんが、 Array.from()this の値を任意のオブジェクトに構築することができます。
  • 引数 source がイテレーターの場合、 TypedArray.from() は最初にイテレーターからすべての値を収集し、次にそのカウントを使用して this のインスタンスを作成し、最後にそのインスタンスに値を設定します。 Array.from() はイテレーターから値を受け取るとそれぞれの値を設定し、最後に length を設定します。
  • TypedArray.from()[[Set]] を使用します。 Array.from()[[DefineOwnProperty]] を使用します。 従って Proxy オブジェクトを使っている場合は、新しい要素を追加するときに handler.set()handler.defineProperty() の代わりに呼び出されます。
  • Array.from() がイテレーターではない配列風オブジェクトを受け取ったときは、穴をそのまま残します。 TypedArray.from() は必ず密配列 (dense array) を生成します。

反復可能オブジェクトから (Set)

js
const s = new Set([1, 2, 3]);
Uint8Array.from(s);
// Uint8Array [ 1, 2, 3 ]

文字列から

js
Int16Array.from("123");
// Int16Array [ 1, 2, 3 ]

アロー関数と map の使用

アロー関数をマップ関数として使用して要素を操作します。

js
Float32Array.from([1, 2, 3], (x) => x + x);
// Float32Array [ 2, 4, 6 ]

数列を生成する

js
Uint8Array.from({ length: 5 }, (v, k) => k);
// Uint8Array [ 0, 1, 2, 3, 4 ]

TypedArray 以外のコンストラクターに対する from() の呼び出し

from()this 値は TypedArray インスタンスを返すコンストラクターでなければなりません。

js
function NotArray(len) {
  console.log("NotArray called with length", len);
}

Int8Array.from.call({}, []); // TypeError: #<Object> is not a constructor
Int8Array.from.call(NotArray, []);
// NotArray called with length 0
// TypeError: Method %TypedArray%.from called on incompatible receiver #<NotArray>
js
function NotArray2(len) {
  console.log("NotArray2 called with length", len);
  return new Uint8Array(len);
}
console.log(Int8Array.from.call(NotArray2, [1, 2, 3]));
// NotArray2 called with length 3
// Uint8Array(3) [ 1, 2, 3 ]

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-%typedarray%.from

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報