mozilla

Date.prototype

This translation is incomplete. Please help translate this article from English.

概要

Date コンストラクタのプロトタイプを表します。

説明

Dateインスタンスは、Date.prototype を継承しています。コンストラタのプロトタイプを変更することで、 Date インスタンスによって継承されたプロパティとメソッドに影響を与えることができます。

いわゆる 2000 年問題との互換性のために、年を常に完全な形で指定するべきです。例えば、98 ではなく、1998 を使ってください。完全な形で年を指定することを支援するために、JavaScript には、getFullYearsetFullYeargetUTCFullYear、そして、setUTCFullYear メソッドがあります。

constructor
インスタンスを生成した関数を返す。これはデフォルトでは
Date コンストラクタです。
getDate
地方時に基づき、指定された日時の「日」を返す
getDay
地方時に基づき、指定された日時の「曜日」を返す
getFullYear
地方時に基づき、指定された日時の「年」を返す
getHours
地方時に基づき、指定された日時の「時」を返す
getMilliseconds
地方時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を返す
getMinutes
地方時に基づき、指定された日時の「分」を返す
getMonth
地方時に基づき、指定された日時の「月」を返す
getSeconds
地方時に基づき、指定された日時の「秒」を返す
getTime
指定された日時を協定世界時(UTC) の 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 からのミリ秒単位の数値で返す
getTimezoneOffset
現地の時間帯のオフセットを分で返す
getUTCDate
協定世界時に基づき、指定された日時の「日」を返す
getUTCDay
協定世界時に基づき、指定された日時の「曜日」を返す
getUTCFullYear
協定世界時に基づき、指定された日時の「年」を返す
getUTCHours
協定世界時に基づき、指定された日時の「時」を返す
getUTCMilliseconds
協定世界時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を返す
getUTCMinutes
協定世界時に基づき、指定された日時の「分」を返す
getUTCMonth
協定世界時に基づき、指定された日時の「月」を返す
getUTCSeconds
協定世界時に基づき、指定された日時の「秒」を返す
getYear
地方時に基づき、指定された日時の「年」を返す。代わりに getFullYear を用いる。
setDate
地方時に基づき、指定された日時の「日」を設定
setFullYear
地方時に基づき、指定された日時の「年」を完全な形で設定
setHours
地方時に基づき、指定された日時の「時」を設定
setMilliseconds
地方時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を設定
setMinutes
地方時に基づき、指定された日時の「分」を設定
setMonth
地方時に基づき、指定された日時の「月」を設定
setSeconds
地方時に基づき、指定された日時の「秒」を設定
setTime
協定世界時(UTC) の 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 からのミリ秒単位の数で表された時刻に Date オブジェクトを設定
setUTCDate
協定世界時に基づき、指定された日時の「日」を設定
setUTCFullYear
協定世界時に基づき、指定された日時の「年」を完全な形で設定
setUTCHours
協定世界時に基づき、指定された日時の「時」を設定
setUTCMilliseconds
協定世界時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を設定
setUTCMinutes
協定世界時に基づき、指定された日時の「分」を設定
setUTCMonth
協定世界時に基づき、指定された日時の「月」を設定
setUTCSeconds
協定世界時に基づき、指定された日時の「秒」を設定
setYear
協定地方時に基づき、指定された日時の「年」を設定。代わりに setFullYear を用いる。
toDateString
日時の「日付」部を人間が読みやすい形式の文字列にして返す
toGMTString
インターネットでの世界時(GMT) の書き習わしを使って日時を文字列に変換。代わりに toUTCString を用いる。
toLocaleDateString
現地の書き習わしを使って、日時の「日付」部を文字列に変換
toLocaleFormat
書式化された文字列を使って、日時を文字列に変換
toLocaleString
現地の書き習わしを使って、日時を文字列に変換。Object.toLocaleString メソッドを上書きしています。
toLocaleTimeString
現地の書き習わしを使って、日時の「時刻」部を文字列に変換
toSource
指定された Date オブジェクトを表すオブジェクトリテラルを返す。この値は新しいオブジェクトを作るのに用いる事が出来ます。Object.protoype.toSource メソッドを上書きしています。
toString
指定された Date オブジェクトを表す文字列を返す。Object.prototype.toString メソッドを上書きしています。
toTimeString
日時の 「時刻」部を人間が読みやすい形式の文字列として返す
toUTCString
協定世界時の書き習わしを使って、日時を文字列に変換
valueOf
Date オブジェクトのプリミティブ値を返す。 Object.prototype.valueOf メソッドを上書きしています。

関連情報

 

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
Contributors to this page: Potappo, teoli, torinome, Yuichirou, ethertank, Mgjbot
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す