この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

 trimEnd() メソッドは文字列の末尾から空白を削除します。 trimRight() はこのメソッドのエイリアスです。

構文

str.trimEnd();
str.trimRight();

戻り値

呼び出し元の文字列の(右)端から空白を取り除いた新しい文字列です。

 

説明

trimEnd()trimRight() メソッドは右端の空白を取り除いた文字列を返します。trimEnd()trimRight() は元の文字列自身の値には影響を与えません。

エイリアス

 String.prototype.padEnd のような関数との一貫性を持たせるため、標準メソッドの名前は trimEnd に設定されています。

しかし、ウェブの互換性の観点から、 trimRight は trimEndのエイリアスとして残されます。 いくつかのエンジンでは以下のように解釈されます:

String.prototype.trimRight.name === "trimEnd";

trimEnd() の使用

以下の例では、メソッド使用前後の文字数を表示し、小文字の文字列 '  foo' を文書に書き込んでいます。

var str = '   foo  ';

alert(str.length); // 8

str = str.trimEnd();
alert(str.length); // 6
document.write( str );

仕様

Stage 3 proposal: String.prototype.{trimStart,trimEnd} by Sebastian Markbåge.

ブラウザ実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
trimEndChrome 完全対応 66
完全対応 66
完全対応 あり
代替名
代替名 非標準の名前 trimRight を使用しています。
Edge ? Firefox 完全対応 61
完全対応 61
完全対応 3.5
代替名
代替名 非標準の名前 trimRight を使用しています。
IE 未対応 なしOpera 完全対応 53Safari ? WebView Android 完全対応 66
完全対応 66
完全対応 あり
代替名
代替名 非標準の名前 trimRight を使用しています。
Chrome Android 完全対応 66
完全対応 66
完全対応 あり
代替名
代替名 非標準の名前 trimRight を使用しています。
Edge Mobile ? Firefox Android 完全対応 61
完全対応 61
完全対応 4
代替名
代替名 非標準の名前 trimRight を使用しています。
Opera Android 完全対応 53Safari iOS ? Samsung Internet Android ? nodejs 完全対応 10.0.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明
非標準の名前を使用しています。
非標準の名前を使用しています。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, SierraOscar, segayuu, teoli, ethertank, Potappo
最終更新者: mdnwebdocs-bot,