CanvasRenderingContext2D.lineTo()

CanvasRenderingContext2DlineTo() はキャンバス 2D API のメソッドで、現在のサブパスに対して、その終点から指定された (x, y) 座標に向けて直線を追加します。

現在のパスを変更するほかのメソッドと同様に、このメソッドは直悦は何も描画しません。パスをキャンバス上に描くには、 fill() (en-US) または stroke() メソッドを使用します。

構文

ctx.lineTo(x, y);

引数

x

直線の終点となる x 座標。

y

直線の終点となる y 座標。

返値

直線の描画

この例は、 lineTo() メソッドを使用して直線を描きます。

HTML

<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

The line begins at (30, 50) and ends at (150, 100).

const canvas = document.getElementById('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

ctx.beginPath();       // 新しいパスを開始
ctx.moveTo(30, 50);    // ペンを (30, 50) へ移動
ctx.lineTo(150, 100);  // 直線を (150, 100) へ描く
ctx.stroke();          // パスを描画

結果

連続線の描画

lineTo() (または類似のメソッド)を呼び出すたびに、現在のパスに自動的に追加されます。すなわち、すべての線が描画され、互いに塗りつぶされます。 この例では、一筆書きで 'M' の文字を描画します。

HTML

<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

const canvas = document.getElementById('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

ctx.moveTo(90, 130);
ctx.lineTo(95, 25);
ctx.lineTo(150, 80);
ctx.lineTo(205, 25);
ctx.lineTo(210, 130);
ctx.lineWidth = 15;
ctx.stroke();

結果

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-context-2d-lineto-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報