CanvasRenderingContext2D.arc()

CanvasRenderingContext2D.arc()キャンバス 2D API のメソッドで、サブパスに円弧を加えます。

構文

void ctx.arc(x, y, radius, startAngle, endAngle [, counterclockwise]);

arc() メソッドは (x, y) を中心とし、 radius を半径とした円弧を作成します。角度は startAngle から endAngle まで、 counterclockwise で指定された向き(既定では時計回り)に描かれます。

引数

x

円弧の中心の水平座標です。

y

円弧の中心の垂直座標です。

radius

円弧の半径です。正の数である必要があります。

startAngle

円弧の始まりの角度を、 X 軸の正の方向から時計回りに定められるラジアン角で表します。

endAngle

円弧の終わりの角度を、 X 軸の正の方向から時計回りに定められるラジアン角で表します。

counterclockwise 省略可

省略可能な論理値です。 true の場合、円弧を反時計回りに始まりから終わりの角度に向けて描きます。既定値は fale (時計回り)です。

完全な円の描画

このコードは、 arc() メソッドで完全な円を描く方法を示します。

HTML

<canvas></canvas>

JavaScript

円弧の X 座標は 100、 Y 座標は 75、半径は 50 です。円弧を一周させるには、 0 ラジアン(0°)の角度で始まり、 2π ラジアン(360°)の角度で終わります。

const canvas = document.querySelector('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

ctx.beginPath();
ctx.arc(100, 75, 50, 0, 2 * Math.PI);
ctx.stroke();

結果

様々な形状のデモ

以下の例は様々な形を描くことで、 arc() メソッドは何ができるのかを示します。

const canvas = document.querySelector('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

// Draw shapes
for (let i = 0; i <= 3; i++) {
  for (let j = 0; j <= 2; j++) {
    ctx.beginPath();
    let x             = 25 + j * 50;                 // x 座標
    let y             = 25 + i * 50;                 // y 座標
    let radius        = 20;                          // 円弧の半径
    let startAngle    = 0;                           // 円弧の開始位置
    let endAngle      = Math.PI + (Math.PI * j) / 2; // 円弧の終了位置
    let counterclockwise = i % 2 == 1;                  // 円弧を描く方向

    ctx.arc(x, y, radius, startAngle, endAngle, counterclockwise);

    if (i > 1) {
      ctx.fill();
    } else {
      ctx.stroke();
    }
  }
}

結果

ScreenshotLive sample

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-context-2d-arc-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報