CanvasRenderingContext2D.beginPath()

Canvas 2D API のCanvasRenderingContext2D.beginPath() メソッドは、サブパスのリストを空にすることにより新しいパスを開始します。新しいパスを作成したい場合、このメソッドを呼び出してください。

注: 新しいサブパス (つまり、現在のキャンバスの状態に一致するサブパス) を作成する場合、CanvasRenderingContext2D.moveTo()を使用できます。

構文

void ctx.beginPath();

異なるパスの作成

この例では、それぞれが1本の直線を含む2つのパスを作成します。

HTML

<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

beginPath() メソッドはそれぞれの線についての処理開始前に呼ばれるため、各線は別々の色で描かれるでしょう。

const canvas = document.getElementById('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

// 第1のパス
ctx.beginPath();
ctx.strokeStyle = 'blue';
ctx.moveTo(20, 20);
ctx.lineTo(200, 20);
ctx.stroke();

// 第2のパス
ctx.beginPath();
ctx.strokeStyle = 'green';
ctx.moveTo(20, 20);
ctx.lineTo(120, 120);
ctx.stroke();

実行結果

仕様

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
CanvasRenderingContext2D.beginPath の定義
現行の標準  

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
beginPathChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 12Firefox 完全対応 1.5IE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報