CanvasRenderingContext2D.clearRect()

CanvasRenderingContext2D.clearRect() はキャンバス 2D API のメソッドで、矩形領域のピクセルを、透明な黒に設定することで消去します。

Note: clearRect() は、正しいパスの使用を行わないと、意図しない副作用が発生することがあることに注意してください。 clearRect() を呼び出した後、必ず新しいアイテムを描画し始める前に beginPath() を呼び出してください。

構文

void ctx.clearRect(x, y, width, height);

clearRect() メソッドは、矩形領域のピクセルを透明な黒 (rgba(0,0,0,0)) に設定します。矩形の角は (x, y) にあり、大きさは widthheight で指定されます。

引数

x

矩形領域の始点の X 座標を指定します。

y

矩形領域の始点の Y 座標を指定します。

width

矩形領域の幅を指定します。

height

矩形領域の高さを指定します。

キャンバス全体の消去

このコードでは、キャンバス全体を消去します。これは一般的に、アニメーションの各フレームの開始時に必要とされます。消去される領域の寸法は <canvas> 要素の widthheight 属性に等しくなるように設定します。

const canvas = document.getElementById('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');
ctx.clearRect(0, 0, canvas.width, canvas.height);

キャンバスの一部を消去

この例では、黄色っぽい背景の上に青い三角形を描きます。そして clearRect() メソッドでキャンバスの一部を消去しています。

HTML

<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

消去する領域はの形状は矩形で、左上の角が (10, 10) になっています。幅は 120、高さは 100 です。

const canvas = document.getElementById('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

// 黄色い背景を描画
ctx.beginPath();
ctx.fillStyle = '#ff6';
ctx.fillRect(0, 0, canvas.width, canvas.height);

// 青い三角形を描画
ctx.beginPath();
ctx.fillStyle = 'blue';
ctx.moveTo(20, 20);
ctx.lineTo(180, 20);
ctx.lineTo(130, 130);
ctx.closePath();
ctx.fill();

// キャンバスの一部を消去
ctx.clearRect(10, 10, 120, 100);

結果

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-context-2d-clearrect-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報