CanvasRenderingContext2D: globalAlpha プロパティ

Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.globalAlpha プロパティは、図形や画像をキャンバスに描画する際に適用されるアルファ値 (透明度) を設定します。

メモ: Canvas チュートリアルスタイルと色の適用も参照してください。

0.0 (完全に透明) と 1.0 (完全に不透明) の間の数値で、両端を含みます。デフォルト値は 1.0 です。InfinityNaN を含むこの範囲の外の値は設定されず、globalAlpha のもとの値が維持されます。

半透明の図形を描画する

この例では、globalAlpha プロパティを用いて 2 個の半透明の矩形を描画します。

HTML

html
<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

js
const canvas = document.getElementById("canvas");
const ctx = canvas.getContext("2d");

ctx.globalAlpha = 0.5;

ctx.fillStyle = "blue";
ctx.fillRect(10, 10, 100, 100);

ctx.fillStyle = "red";
ctx.fillRect(50, 50, 100, 100);

結果

透明な図形を重ねる

この例では、複数の透明な図形をそれぞれの上に重ねることの効果を示します。まず、4 個の異なる色の正方形からなるはっきりした背景を描画します。次に、globalAlpha プロパティを 0.2 (20% 不透明) に設定します。このアルファレベルは、透明な図形すべてに適用されます。そして、for ループを用いて半径を大きくしながら円を描いていきます。

新しい円を描くごとに、下にある既存の円の不透明度が事実上上がります。ステップ数を増やす (ことで描く円を増やす) と、やがて画像の中央から背景は完全に消えるでしょう。

js
const canvas = document.getElementById("canvas");
const ctx = canvas.getContext("2d");

// 背景を描画する
ctx.fillStyle = "#FD0";
ctx.fillRect(0, 0, 75, 75);
ctx.fillStyle = "#6C0";
ctx.fillRect(75, 0, 75, 75);
ctx.fillStyle = "#09F";
ctx.fillRect(0, 75, 75, 75);
ctx.fillStyle = "#F30";
ctx.fillRect(75, 75, 75, 75);
ctx.fillStyle = "#FFF";

// 透明度を設定する
ctx.globalAlpha = 0.2;

// 透明な円を描画する
for (let i = 0; i < 7; i++) {
  ctx.beginPath();
  ctx.arc(75, 75, 10 + 10 * i, 0, Math.PI * 2, true);
  ctx.fill();
}
ScreenshotLive sample

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-context-2d-globalalpha-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

Gecko 固有の注意点

  • Gecko 5.0 以降では、不正な値を globalAlpha に設定しても SYNTAX_ERR 例外は投げられず、正しく黙って無視されます。
  • WebKit ベースと Blink ベースのブラウザーでは、このプロパティに加え、非標準で非推奨のメソッド ctx.setAlpha() が実装されています。

関連情報