MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

CanvasRenderingContext2D.textBaseline

Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.textBaseline プロパティは、テキストを描画するときに用いられる現在のテキストのベースライン (基準線) を指定します。

構文

ctx.textBaseline = "top" || "hanging" || "middle" || "alphabetic" || "ideographic" || "bottom";

オプション

指定可能な値:

top
テキストベースラインは em square【訳注: 一辺が 1 em の正方形】 の上になります。
hanging
テキストベースラインは hanging ベースラインになります。
middle
テキストベースラインは em square の真ん中になります。
alphabetic
テキストベースラインは標準的な alphabetic ベースラインになります。
ideographic
テキストベースラインは ideographic ベースラインになります。つまり、これは文字の主要な本体が alphabetic ベースラインの下からはみ出る場合、文字の本体の下になります。
bottom
テキストベースラインは bounding box の下になります。これはディセンダー (descenders) 【訳注: グリフのうちベースラインより下の部分。】を考慮しない ideographic ベースラインとは異なります。

デフォルト値は alphabetic です。

textBaseline プロパティの使用例

さまざまなベースライン設定を行うために textBaseline プロパティを使用する、シンプルなコードスニペットです。

HTML

<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

var canvas = document.getElementById("canvas");
var ctx = canvas.getContext("2d");

ctx.font = "48px serif";
ctx.textBaseline = "hanging";
ctx.strokeText("Hello world", 0, 100);

以下のコードを編集すると、canvas の変更個所をその場で確認できます:

仕様

仕様書 策定状況 コメント
WHATWG HTML Living Standard
CanvasRenderingContext2D.textBaseline の定義
現行の標準  

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) 3.5 (1.9.1) 9 (有) (有)
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) 1.0 (1.9.1) (有) (有) (有)

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,