CanvasRenderingContext2D: imageSmoothingQuality プロパティ

Canvas API に含まれる CanvasRenderingContext2D インターフェイスの imageSmoothingQuality プロパティは、画像の平滑化の品質を設定できます。

メモ: このプロパティが効果を発揮するには、imageSmoothingEnabledtrue でなければなりません。

以下のいずれかです。

"low"

低品質です。

"medium"

中程度の品質です。

"high"

高品質です。

画像の平滑化の品質を設定する

この例では、拡大縮小する画像で imageSmoothingQuality プロパティを用います。

HTML

html
<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

js
const canvas = document.getElementById("canvas");
const ctx = canvas.getContext("2d");

let img = new Image();
img.src = "canvas_createpattern.png";
img.onload = () => {
  ctx.imageSmoothingQuality = "low";
  ctx.drawImage(img, 0, 0, 300, 150);
};

結果

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-context-2d-imagesmoothingquality-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報