MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

TypedArray.prototype.some()

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

与えられた関数によって実行されるテストに合格する要素がtyped arrayの中にあるかどうかをテストします。このメソッドは、Array.prototype.some()と同じアルゴリズムを持ちます。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。

構文

typedarray.some(callback[, thisArg])

引数

callback
各要素に対してテストを実行する関数。三つの引数を取ります。:
currentValue
typed array内で処理されている現在の要素。
index
typed array内で処理されている現在の要素のインデックス。
array
everyが呼ばれるtyped array。
thisArg
オプション。callbackを実行するときにthisとして使用する値。

説明

someメソッドは、callback関数を、typed arrayに含まれる各要素に対して一度ずつ、callbackが真の値を返す要素が見つかるまで呼び出します。真の値を返す要素が見つかると、someメソッドはただちにtrueを返します。見つからなかった場合、somefalseを返します。

callbackは三つの引数で呼び出されます。: 要素の値、要素の添字、処理されている配列オブジェクト。

thisArg引数がsomeに与えられると、callbackの呼び出しのたび、thisとして使用されます。さもなければ、thisとして使用されるためにundefinedが渡されます。callbackによって最終的に観測されるthis値はthe usual rules for determining the this seen by a functionに応じて決定されます。

someは呼び出されたtyped arrayを変化させません。

typed arrayのすべての要素の大きさをテストする

次の例では、typed arrayの中に 10 よりも大きい要素があるかどうかをテストします。

function isBiggerThan10(element, index, array) {
  return element > 10;
}
new Uint8Array([2, 5, 8, 1, 4]).some(isBiggerThan10);  // false
new Uint8Array([12, 5, 8, 1, 4]).some(isBiggerThan10); // true

arrow functionsを使用してtyped arrayをテストします。

Arrow functions は同じテストに対して短い構文を提供します。

new Uint8Array([2, 5, 8, 1, 4]).some(elem => elem > 10); // false
new Uint8Array([12, 5, 8, 1, 4]).some(elem => elem > 10); // true

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
The definition of 'TypedArray.prototype.some' in that specification.
Standard 初期定義。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート 37 (37) 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 37 (37) 未サポート 未サポート 未サポート

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: shide55
 最終更新者: shide55,