TypedArray.prototype.includes()

includes() メソッドは、型付き配列が特定の要素を含んでいるかどうかを判断し、その結果に応じて truefalse を返します。このメソッドは Array.prototype.includes() と同じアルゴリズムです。 TypedArray は、ここでは 型付き配列型のうちの一つです。

構文

typedarray.includes(searchElement[, fromIndex]);

引数

searchElement
探す対象の要素
fromIndex
オプション。searchElementを探し始める配列内の位置。既定では0です。

返値

Boolean です。

includes の使用

var uint8 = new Uint8Array([1,2,3]);
uint8.includes(2);     // true
uint8.includes(4);     // false
uint8.includes(3, 3);  // false

// NaN の扱い (Float32 および Float64 に限り true)
new Uint8Array([NaN]).includes(NaN); // false (コンストラクターに渡した NaN は 0 に変換されるため)
new Float32Array([NaN]).includes(NaN); // true;
new Float64Array([NaN]).includes(NaN); // true;

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
TypedArray.prototype.includes の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
includesChrome 完全対応 47Edge 完全対応 14Firefox 完全対応 43IE 未対応 なしOpera 完全対応 34Safari 完全対応 10WebView Android 未対応 なしChrome Android 完全対応 47Firefox Android 完全対応 43Opera Android 完全対応 34Safari iOS 完全対応 10Samsung Internet Android 完全対応 5.0nodejs 完全対応 6.0.0
完全対応 6.0.0
完全対応 5.0.0
無効
無効 From version 5.0.0: this feature is behind the --harmony runtime flag.

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報