MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

TypedArray.prototype.forEach()

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

配列の要素ごとに一度与えられた関数を実行します。このメソッドはArray.prototype.forEach()と同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。

構文

typedarray.forEach(callback[, thisArg])

引数

callback
新しいtyped arrayの要素を生成する関数。三つの引数を取ります。:
currentValue
typed array内で処理される現在の要素。
index
配列内で処理される現在の要素のインデックス。
array
forEach()が呼び出される配列。
thisArg
オプション。callbackを実行するときthisとして使用する値

説明

forEach() メソッドはtyped array内に存在している各要素に対して一度昇順に与えられたcallback関数を実行します。;削除されたり、省略されたインデックスに対しては呼び出されません。しかしながら、存在しているが、undefined値を持つ要素に対しては実行されます。

callback三つの引数で呼び出されます。:

  • 要素の値
  • 要素のインデックス
  • 処理されるtyped array

thisArg引数がforEach()に与えられたら、呼び出されるときにthis値として使用するためにcallback関数に渡されます。さもなければ、undefined値がthis値として使用するために渡されます。callbackによって最終的に観測可能なthis値はthe usual rules for determining the this seen by a functionに応じて決定されます。

forEach()によって処理される要素の範囲はcallbackの最初の呼び出し前に設定されます。forEach()の呼び出しが始まったあとでtyped arrayに追加される要素は、callbackによって処理されます。typed array内に存在している要素の値が変更されたら、callbackに渡される値は、forEach()メソッドが処理する直前の値です。つまり、処理される前に削除されている要素は処理されません。

forEach()はtyped arrayの各要素ごとに一度callback関数を実行します。;every()some()とは異なり、常に、undefined値を返します。

例: typed arrayの内容をログに出力する

次のコードでは、 typed array内の各要素に対して一行ログを出力します。:

function logArrayElements(element, index, array) {
  console.log('a[' + index + '] = ' + element);
}

new Uint8Array([0, 1, 2, 3]).forEach(logArrayElements);
// logs:
// a[0] = 0
// a[1] = 1
// a[2] = 2
// a[3] = 3

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
The definition of '%TypedArray%.prototype.forEach' in that specification.
Standard 初期定義。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? 38 (38) ? ? ?
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? 38.0 (38) ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: shide55
 最終更新者: shide55,