TypedArray.prototype.reduce()

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

アキュムレータに対して関数を適用し、隣り合う二つのtyped arrayの要素(左から右へ)は単一の値になります。このメソッドは、Array.prototype.reduce()と同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayは、ここではtyped array typesの一つです。

構文

typedarray.reduce(callback[, initialValue])

引数

callback
typed array内の各要素で実行する関数。四つの引数を持ちます。:
previousValue
コールバック関数の最後の呼び出しで以前に返された値。または、提供されている場合、initialValue(下を見てください)。
currentValue
typed array内で処理されている現在の要素。
index
typed array内で処理されている現在の要素のインデックス。
array
reduceが呼ばれているtyped array。
initialValue
オプション。callback関数の最初の呼び出しの最初の引数として使用するオブジェクト。

説明

reduceメソッドは、typed array内に存在している各要素に対して一度callback関数を実行します。その関数は、四つの引数を持ちます。: 初期値(または、以前のcallback関数の呼び出しから返ってくる値)、現在の要素の値、現在のインデックス、反復を実施しているtyped array。

callback関数が最初に呼ばれたとき、previousValuecurrentValueは、二つの値の一つを取り得ます。reduceの呼び出し時にinitialValueが与えられた場合、previousValueinitialValueと等しくなり、currentValueは、typed arrayの最初の値と等しくなります。initialValueが与えられなかった場合、previousValueは、typed arrayの最初の値と等しくなり、currentValueは、二番目の値と等しくなります。

typed arrayが空で、initialValueが与えられなかった場合、TypeErrorがスローされます。typed arrayが(位置に関係なく)一つの要素しか持たなく、initialValueが与えられなかった場合、もしくは、initialValueが与えられたがtyped arrayが空の場合、callback関数の呼び出しなしで、単独の値が返されることになります。

例: 配列内のすべての値を合計する

var total = new Uint8Array([0, 1, 2, 3]).reduce(function(a, b) {
  return a + b;
});
// total == 6

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
%TypedArray%.prototype.reduce の定義
標準 初期定義。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? 37 (37) ? ? ?
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? 37.0 (37) ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: shide55
 最終更新者: shide55,