TypedArray.prototype.lastIndexOf()

lastIndexOf() メソッドは、指定された要素が型付き配列内で見つかった最後の位置の添字を返し、存在しなければ -1 を返します。型付き配列は fromIndex で始まる位置から逆方向に検索されます。 このメソッドは Array.prototype.lastIndexOf()と同じアルゴリズムです。 TypedArray は、ここでは型付き配列型のうちの一つです。

構文

typedarray.lastIndexOf(searchElement[, fromIndex = typedarray.length])

引数

searchElement
typed array内で検索する要素。
fromIndex
オプション。逆方向に検索を開始する位置の添字。既定値は型付き配列の長さで、すなわち型付き配列全体が検索されます。添字が型付き配列の長さ以上の場合、型付き配列全体が検索されます。添字が負の数の場合、型付き配列の末尾からのオフセットとして扱われます。添字が負の数であっても、型付き配列は末尾から先頭に向けて検索されます。計算された添字が0未満になった場合は、 -1 が返され、すなわち型付き配列は検索されません。

返値

配列内の要素の最後の添字です。見つからなかったら -1 になります。

解説

lastIndexOfsearchElement と型付き配列の要素を、厳密等価 (===、イコール3つの演算子と同じ方法) を使用して比較します。

lastIndexOf の使用

var uint8 = new Uint8Array([2, 5, 9, 2]);
uint8.lastIndexOf(2);     // 3
uint8.lastIndexOf(7);     // -1
uint8.lastIndexOf(2, 3);  // 3
uint8.lastIndexOf(2, 2);  // 0
uint8.lastIndexOf(2, -2); // 0
uint8.lastIndexOf(2, -1); // 3

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報