TypedArray.prototype.every()

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

typed array内のすべての要素が提供された関数によって実装されたテストを渡すかどうかテストします。このメソッドはArray.prototype.every()と同じアルゴリズムです。TypedArraytyped array typesの一つです、

構文

typedarray.every(callback[, thisArg])

引数

callback
各要素に対してテストする関数。三つの引数があります。:
currentValue
typed array内で処理されている現在の要素
index
typed array内で処理されている現在の要素のインデックス。
array
everyが呼ばれたtyped array
thisArg
任意。callbackを実行するときにthisとして使用する値。

説明

everyメソッドは、callback関数がfalsy(Booleanに変換されたらfalseになる値)を返す要素が見つかるまでtyped array内に存在する各要素に対して一度提供されたcallback関数を実行します。そのような要素が見つかったら、everyメソッドはすぐにfalseを返します。さもなければ、callbackがすべての要素に対してtrueを返したら、everytrueを返します。

callbackは三つの引数で呼び出されます。: 要素の値、要素のインデックス、処理される配列オブジェクト

thisArg 引数がeveryに渡されたら、呼び出されたときに、this値として使用するためにcallbackに渡されます。さもなければ、 undefined値がthis値として使用されるために渡されます。callbackによって最終的に観察可能なthis 値はthe usual rules for determining the this seen by a functionに応じて決定されます。

everyは呼ばれるtyped arrayを変化させません。

すべてのtyped arrayの要素のサイズをテストする

次の例では、typed array内のすべての要素が10より大きいかテストします。

function isBigEnough(element, index, array) {
  return element >= 10;
}
new Uint8Array([12, 5, 8, 130, 44]).every(isBigEnough);   // false
new Uint8Array([12, 54, 18, 130, 44]).every(isBigEnough); // true

arrow functionsを使用してtyped arrayの要素をテストする。

Arrow functions は、同じテストのための短い構文を提供します。

new Uint8Array([12, 5, 8, 130, 44]).every(elem => elem >= 10); // false
new Uint8Array([12, 54, 18, 130, 44]).every(elem => elem >= 10); // true

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
The definition of 'TypedArray.prototype.every' in that specification.
Standard 初期定義。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート 37 (37) 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 37 (37) 未サポート 未サポート 未サポート

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: shide55
 最終更新者: shide55,