mozilla

String.prototype.toSource()

非標準
This feature is non-standard and is not on a standards track. Do not use it on production sites facing the Web: it will not work for every user. There may also be large incompatibilities between implementations and the behavior may change in the future.

概要

そのオブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。

構文

str.toSource()

説明

toSource メソッドは以下の値を返します。:

  • 組み込み String オブジェクトでは、 toSource はソースコードが存在しないことを示す以下の文字列を返します。:
function String() {
   [native code]
}
  • String オブジェクトのインスタンス、あるいは、文字列リテラルでは、 toSource はそのソースコードを表す文字列を返します。

このメソッドは、通常、JavaScript によって内部的に呼ばれ、コード中で明示的に呼ばれることはありません。

参照

Object.prototype.toSource

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: Potappo, teoli, ethertank, Mgjbot
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す