ValidityState.badInput

読み取り専用のプロパティ ValidityState.badInput は、ブラウザが変換できない入力をユーザーが行ったかどうかを示します。例えば、数値の入力欄に文字列がある場合です。
注: Internet Explorer はこれをサポートしていませんが、たとえば数値入力欄では、数値ではない値は無視されるので問題ありません。

<input type="number" id="age">
var input = document.getElementById("age");
if (input.validity.badInput) {
  console.log("Bad input detected…");
} else {
  console.log("Content of input ok.");
}

仕様

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
ValidityState.badInput の定義
現行の標準 現行の標準
HTML 5.1
ValidityState.badInput の定義
勧告 前回のスナップショット HTML5 から変更なし
HTML5
ValidityState.badInput の定義
勧告 このインターフェイスを含む HTML Living Standard の最初のスナップショット

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 ? ?29 なし ? ?
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 ? ? ?29 ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: sutara79
最終更新者: sutara79,