Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

EventTarget.removeEventListener

概要

removeEventListener は、イベントターゲットからイベントリスナーを削除します。

構文

element.removeEventListener(type,listener,useCapture)

引数

type
登録されたイベントを表す文字列。
listener
イベントが起こったときに呼ばれるメソッドを含む、ユーザによって実装されたインターフェース。
useCapture
true の場合、useCapture は、ユーザがキャプチャを開始したいことを示しています。キャプチャの開始後、指定されたタイプのイベントの全てが、まず、登録された listener にディスパッチされ、その後、DOM ツリーにおいてその下に位置する任意の EventTarget にディスパッチされます。ツリーをたどって上方へバブリングするイベントは、キャプチャを用いるように指定されたリスナーを誘発することはありません。

注記

イベントリスナーが イベントを処理中であるイベントターゲットから削除された場合、現在のアクションによってそのイベントリスナーが実行されることはありません。イベントリスナーは、決して削除された後に実行されることはありません。イベントターゲット上にある現在のどのイベントリスナーも指定していない引数付きの removeEventListener は、何の効果もありません。EventTarget.addEventListener も参照してください。

仕様

removeEventListener

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: jgs, fscholz, khalid32, ethertank, Potappo
 最終更新者: jgs,