Event.type

typeEvent インターフェイスの読取専用プロパティで、イベントの種別を表す文字列を返します。イベントが構築されると設定され、この名前は click, load, error のような特定のイベントを参照するためによく使用されます。

利用可能なイベント種別の一覧は、イベントリファレンスをご覧ください。

構文

let eventType = event.type;

Event の種別を表す DOMString

この例は、キーボードのキーを押すか、マウスボタンをクリックするとイベント種別をログに出力します。

HTML

<p>キーを押すか、マウスをクリックしてください。</p>
<p id="log"></p>

JavaScript

function getEventType(event) {
  const log = document.getElementById('log');
  log.innerText = event.type + '\n' + log.innerText;
}

// Keyboard events
document.addEventListener('keydown', getEventType, false);  // first
document.addEventListener('keypress', getEventType, false); // second
document.addEventListener('keyup', getEventType, false);    // third

// Mouse events
document.addEventListener('mousedown', getEventType, false); // first
document.addEventListener('mouseup', getEventType, false);   // second
document.addEventListener('click', getEventType, false);     // third

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
Event.type の定義
現行の標準
Document Object Model (DOM) Level 2 Events Specification
Event.type の定義
廃止 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報