RTCPeerConnectionIceEvent

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

RTCPeerConnectionIceEvent インタフェースは、通常 RTCPeerConnectionの ICE 候補に関連して発生するイベントを表現します。イベントのタイプはicecandidateです。

プロパティ

RTCPeerConnectionIceEventEvent であり, Eventのプロパティも実装されています。

RTCPeerConnectionIceEvent.candidate (en-US) 読取専用

このイベントに関連した候補を含むRTCIceCandidate (en-US)です。

コンストラクタ

RTCPeerConnectionIceEvent() (en-US)

新しい RTCPeerConnectionIceEvent を返します。このコンストラクタは 2 つの引数を持ち、最初の引数はイベントのタイプを表すDOMStringであり、二つ目の引数は、RTCIceCandidate (en-US)を含むディクショナリです。

メソッド

RTCPeerConnectionIceEventEventであり、このイベントはEventのプロパティも実装します。具体的な RTCPeerConnectionIceEvent メソッドはありません。

pc.onicecandidate = function( ev ) {
                      alert("The ICE candidate (transport address: '" +
                            ev.candidate.candidate +
                            "') has been added to this connection.");
                   }

仕様

Specification
WebRTC 1.0: Real-Time Communication Between Browsers
# rtcpeerconnectioniceevent

ブラウザ互換性

BCD tables only load in the browser

その他の記事