Object
必須 No




"options_ui": {
  "page": "options/options.html"
}

options_ui キーは、アドオンのオプションページを定義するために使用します。

オプションページは、アドオンの設定を含みます。オプションページはブラウザーのアドオンマネージャー、またはアドオン内で runtime.openOptionsPage() を使用することでアクセスできます。

options_ui をアドオンにパッケージされた HTML ファイルへのパスとして指定します。通常のウェブページのように、HTML ファイル CSS ファイルと JavaScript ファイルを含めることができます。しかし、通常のページと異なり、アドオンが permissions を持つすべての WebExtension APIs を使用できます。しかし、バックグラウンドスクリプトとは異なるスコープで実行されます。

オプションページとバックグラウンドスクリプトの JavaScript 上で、データや関数を共有したい場合、extension.getBackgroundPage() を使用してバックグラウンドスクリプトの Window への参照を直接取得するか、extension.getViews() でエクステンション内で実行されているいずれかのページの Window を取得します。runtime.sendMessage()runtime.onMessageruntime.connect() を使用することで、オプションページとバックグラウンドスクリプト間で相互にコミュニケーションできます。

一般的に、オプションページで変更されたオプションは、storage API を使用して、storage.sync (一度 Firefox が storage.sync をサポートすると、ユーザーがログインしているすべてのブラウザーインスタンス間で設定を同期する場合) か storage.local (現在のマシン / プロファイルのローカル設定にする場合) のいずれかに保存します。バックグラウンドスクリプトに変更を通知する必要がある場合、バックグラウンドスクリプトで storage.onChanged にリスナーを追加するします。

構文

options_ui キーは次のコンテンツを持つオブジェクトです:

名前 説明
page String

必須。

オプションページの仕様を含む HTML ファイルへのパス。

パスは manifest.json 自体への相対パス。

open_in_tab Boolean

省略可能。既定値は false

true の場合、オプションページはブラウザーのアドオンマネージャーに統合されたものではなく、通常のブラウザータブで開かれる。

Chrome incompatibilities

options_ui

Firefox does not support:

  • chrome_style

  "options_ui": {
    "page": "options/options.html"
  }

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,