history

 

ブラウザー履歴とやりとりする history API を使用します。

downloads は HistoryItem オブジェクトとして扱われるのに注意します。このため、ダウンロードのために history.onVisited も発火します。

ブラウザー履歴はユーザーが訪れたページの時間順の記録です。history API では次の事ができます:

しかしながら、ユーザーは1つのページを何度も訪問することがあるので、このAPI は「訪問数」の概念もあります。したがってこの API を次のようにも使えます:

このAPIを使うには manifest.json ファイルで指定する "history" パーミッションが必要です。

history.TransitionType (en-US)
ブラウザーがあるページにどのように移動したのかを記述
history.HistoryItem

ブラウザー履歴のあるページに関する情報を提供

history.VisitItem (en-US)

ページへの単一の訪問を記述

関数

history.search() (en-US)
ブラウザー履歴を検索して、所与の条件にマッチする history.HistoryItem オブジェクトを得る
history.getVisits() (en-US)
所定のページへの訪問についての情報を取得する
history.addUrl() (en-US)
ブラウザー履歴に所定のページへの訪問のレコードを追加する
history.deleteUrl() (en-US)
ブラウザー履歴から 所定のURLへのすべての訪問を削除する
history.deleteRange() (en-US)
所定の時間範囲でユーザーが訪問したすべてのページを削除する
history.deleteAll() (en-US)
ブラウザー履歴からすべての訪問を削除する

イベント

history.onTitleChanged (en-US)
ユーザーがあるページに訪問してタイトルが記録された時に発火します
history.onVisited (en-US)
ユーザーがあるページに history.HistoryItem を提供しつつそのページを訪問した時に発火します
history.onVisitRemoved (en-US)

ある URL がブラウザー履歴から完全に削除された時に発火します

ブラウザ実装状況

BCD tables only load in the browser

Example extensions

謝辞

この API は Chromium の chrome.history API に基づいています。また、このドキュメントは history.json における Chromium のコードに基づいています。

Microsoft Edge での実装状況は Microsoft Corporation から提供されたものであり、ここでは Creative Commons Attribution 3.0 United States License に従っています。