よくページアクションとして参照され、このユーザーインターフェイスオプションはブラウザーのアドレスバーに追加されるボタンです。ユーザーはボタンをクリックして拡張機能とやりとりします。

ウェブページに関係する機能のある時だけにこのボタンを使ってください。既定ではアドレスバーのボタンはすべてのタブにて隠されていて、pageAction.show()pageAction.hide() を呼び出すことで、特定のタブ上での表示・非表示を制御します。

ツールバーボタンと比較して、似た振る舞いをしますが、そちらは拡張機能の機能が大抵のウェブページに適用できる状況で使われます。

ページアクションを指定する

ページアクションのプロパティは manifest.json の page_action キーで定義します。

"page_action": {
  "browser_style": true,
  "default_icon": {
    "19": "button/geo-19.png",
    "38": "button/geo-38.png"
  },
  "default_title": "Whereami?"
}

唯一不可欠なキーは default_icon です。

ページアクションの指定には2つの方法があります: ポップアップがつくのとつかないのです。 ポップアップを指定しないと、ユーザーがボタンをクリックした時に、拡張機能にイベントがディスパッチされ、これを拡張機能が pageAction.onClickedを使ってリッスンします:

browser.pageAction.onClicked.addListener(handleClick);

ポップアップを指定すると、クリックイベントはディスパッチされません: その代わりに、ユーザーがボタンをクリックした時にポップアップが表示されます。ユーザーはポップアップとやりとりできて、ユーザーが範囲外をクリックした時に自動的にポップアップが閉じます。ポップアップを作成、管理することの詳細はポップアップの記事を見てください。

拡張機能は1つだけのページアクションを持つ必要があります。

なお、上に示されている任意のプロパティはpageAction API を使ったコードからも変更できます。

GitHub の webextensions-examples リポジトリには、ページアクションを使う拡張機能の例がいくつかあります:

  • chill-out はポップアップなしのページアクションを使います。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3
最終更新者: Uemmra3,